健康

炭水化物欠乏の影響とそれを克服する方法

炭水化物は人体にとって重要な栄養素の1つです。多くの人は体重を減らすために炭水化物を避けています。しかし実際には、k栄養摂取のバランスを考慮する必要があります。 K炭水化物の不足は実際に健康を妨げる可能性があります。

体にとっての炭水化物の主な利点は、呼吸から歩行までの活動にエネルギーを提供することです。さらに、炭水化物、特に米や小麦、果物、野菜、ナッツに由来する複雑な炭水化物は、病気を予防し、体重を維持する働きもします。

インドネシア共和国保健省は、男性の場合は1日あたり350〜390グラム、女性の場合は1日あたり300〜320グラムの炭水化物を摂取することを推奨しています。

炭水化物の摂取量を制限したり、低炭水化物ダイエットを行って体重を減らしたりすると、炭水化物が不足する可能性があります。

炭水化物欠乏の影響

炭水化物の不足は、頭痛、体の弱さ、病気にかかりやすいなど、さまざまな健康上の問題を引き起こす可能性があります。炭水化物不足の影響は、短期的および長期的に発生する可能性があります。説明は次のとおりです。

短期

短期的には、炭水化物の不足はケトーシスにつながる可能性があります。ケトーシスは、体が脂肪をエネルギー源として使用する状態です。ケトーシスの症状には、頭痛、脱力感、脱水症状、吐き気​​、めまい、神経過敏などがあります。

ケトーシスは、体内にケトンが蓄積する原因となる可能性があります。長期的には、このケトンの蓄積は、アシドーシス、昏睡、さらには死などの深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。

長期

炭水化物の継続的な不足はまた、健康に長期的な影響を及ぼします。

  • 栄養不足。
  • 高コレステロール。これは、低炭水化物ダイエットをしている人は、一般的に、摂取量を脂肪やタンパク質の多い食品に置き換えるためです。この食事療法は血中のコレステロール値を上昇させる可能性があるため、心臓病や脳卒中のリスクも高まります。
  • 血管の損傷。
  • がんになるリスクの増加。
  • 体重を減らしやすい。

炭水化物欠乏症の克服

炭水化物不足を経験したときに最初にすることは、次の方法で毎日の炭水化物摂取量を満たすことです。

  • 新鮮な野菜や果物を食べる。果物や野菜にも食物繊維がたくさん含まれているため、満腹感を長持ちさせることができます。
  • バランスの取れた栄養でさまざまな健康食品を食べましょう。つまり、複雑な炭水化物、タンパク質、健康的な脂肪、ビタミン、ミネラル、繊維、および適切な量の水分が含まれている必要があります。
  • ミルクとその加工製品を消費します。牛乳は炭水化物の供給源であるだけでなく、タンパク質、ビタミン、カルシウムの優れた供給源でもあります。
  • 全粒穀物または米ぬかから作られた食品を食べる。
  • 単純な炭水化物の摂取を制限します。このタイプの炭水化物は、アイスクリームやアイスクリームなどの多くの甘い食べ物に含まれています

炭水化物の摂取を制限する食事療法を続けている場合は、栄養士に相談する必要があります。医師はあなたの栄養状態と状態を徹底的に調べ、次にあなたの健康状態に応じてより健康的な食事のための推奨事項を提供します。必要に応じて、医師は栄養状態を改善するためのサプリメントや薬も提供します。