健康

しばしば実現されない潰瘍性口内炎の原因を知る

ほとんどすべての人がカンジダ症を経験しており、しばしば突然潰瘍性の痛みが現れます。私たちが知らないうちに実際に口内炎を引き起こす可能性のあるものはたくさんあります.

潰瘍性口内炎の原因を特定するのが難しい場合があります。それでも、栄養摂取の不足、酸性または辛い食べ物の摂取、喫煙習慣から特定の薬物の使用に至るまで、この状態を引き起こすことが知られているさまざまな要因があります。さらに、あなたが知らないうちにそれが潰瘍性の痛みを引き起こす可能性があることもいくつかあります。

しばしば実現されない潰瘍性口内炎の原因

以下は、潰瘍性口内炎を引き起こす可能性のあるいくつかの事柄です。

1.歯を強く磨きすぎる

歯を強く磨きすぎると、口内炎の原因の1つになる可能性があります。その理由は、歯を強く磨きすぎたり、粗い毛の歯ブラシを使用したりすると、歯茎や口腔の表面を傷つける可能性があるためです。この傷は、潰瘍性口内炎の出現につながる可能性があります。

2.かまれた傷

話したり食べたりしているときに、唇、舌、または頬の内側が誤って噛まれることがあります。これは口内炎を引き起こし、それが口内炎に発展する可能性があります。口の中の痛みは、魚の棘やつまようじに穴を開けたり、食器にさらしたりすることによっても発生する可能性があります。

3.中括弧の使用

中かっこを使用すると、口内炎を引き起こすこともよくあります。これは、ブレースの端または端が頬の内面にこすれ、痛みや潰瘍性の痛みを引き起こす可能性があるためです。中かっこに加えて、適切にフィットしない入れ歯を着用すると、潰瘍の痛みを引き起こす可能性があります。

4.不十分な口腔衛生

歯科および口腔衛生の維持の欠如は、さまざまな細菌が口の中に留まり、感染を引き起こす可能性があります。この細菌感染が口腔内の炎症やただれを引き起こすと、ツグミが現れることがあります。

5.不安とストレス

私たちがしばしば気付かない不安やストレスの感覚は、潰瘍性の痛みの出現を促進する可能性があります。精神的負担だけでなく、身体を疲労させる身体的負担も潰瘍性の痛みを引き起こす可能性があります。

上記の要因に加えて、クローン病、セリアック病、エイズや狼瘡などの免疫系を攻撃する病気などの特定の病状が原因で潰瘍性の痛みが発生することもあります。

潰瘍の痛みを克服する方法

潰瘍性口内炎は自然に治りますが、次の手順に従うことで治癒プロセスをスピードアップできます。

1.口を清潔に保つ

潰瘍性の痛みを治療する主な方法は、歯磨き粉と柔らかい毛の歯ブラシを使用して定期的に歯を磨くことにより、口腔衛生を維持することです。また、デンタルフロスを使用して、歯の間の食べ物の残りをきれいにします。

2.氷の湿布

潰瘍の痛みがある領域で角氷を吸うことにより、氷を使用して潰瘍の痛みを圧縮することができます。この方法は、潰瘍性の痛みによって引き起こされる痛みを和らげ、炎症を軽減するのに役立ちます。

3.適切な栄養摂取

栄養摂取量の不足は、潰瘍性口内炎の原因の1つです。だから、あなたの体が十分な栄養、特にビタミンB12を摂取していることを確認してください。 亜鉛、 鉄と葉酸。あなたは緑の野菜や果物からのこれらの栄養摂取のすべてを満たすことができます。

4.天然のうがい薬を使用する

キンマの葉、佐賀の葉、甘草などの天然成分を含むうがい薬(甘草)、これらの成分は抗菌性、抗真菌性、および抗炎症性を持っているため、潰瘍性の痛みの治療にも使用できます。

これらの天然成分は、潰瘍の痛みを克服できるだけでなく、口を新鮮に保つこともできます。

5.潰瘍性口内炎を避ける

口内炎の出現が辛い、酸っぱい、そして熱い食べ物によって引き起こされる場合、あなたはしばらくの間これらの食べ物を消費することを避ける必要があります。また、口内炎の痛みを悪化させ、治癒を遅らせるリスクがあるため、暑すぎる食べ物や飲み物の摂取は避けてください。

口内炎が2週間以上消えない場合は、すぐに医師に相談して適切な治療を受けてください。必要に応じて、医師は感染症を治療するための抗生物質または抗真菌薬、炎症を軽減するためのコルチコステロイド薬、および痛みを軽減するための薬を投与します。