家族

自己内省の利点とその適用方法

自己内省は人のやり方です にとって 自分を見たり、考えや感情を考えたりする, と記憶彼の。自己内省の利点 多様。NSそれらの1つはあなたをより良い人に形作ることです。

自尊心と周囲の人々に対する見方を変えることができるように、誰もが自己内省を行う必要があります。研究はまた、内省が感情的知性を高め、人生の課題に対処しやすくすることを示しています。

自己内省の利点

内省の目標は、自分のふりをしたり、自分を弁護したり、起こったことを自分のせいにすることなく、自分を正直に評価することです。自己内省には、次のようなさまざまな利点があります。

  • 自分自身をもっと知り、感謝する
  • イベントの意味をよりよく理解する
  • 問題をより賢く解決する
  • あなたは自分自身をもっとコントロールできるので、より良い生活を送ってください
  • より良い性向を持っている
  • より共感的で寛容
  • より責任があり、信頼できる
  • 他の人との良好なコミュニケーションと関係をより確立することができます

自己内省を行う方法

内省は、自分自身に話しかけることによって行われます。自分自身に質問し、解決策を検討し、結果を評価し、結果に変更を加えます。

自己内省の適用は、次の方法で行うことができます。

1.自問してみてください

自己内省は、あなたを悩ませている、またはあなたについて変える必要がある問題についてのトピックを取り上げることから始まります。以前は、あなたの心がより明確になるように瞑想する時間を取ってください。心が落ち着いたら、この問題についてどのように感じ、考えているかを自問してみてください。

2.原因を特定します

要点を理解したら、なぜそう感じているのか、そうしているのかを尋ねて、心を深く掘り下げてみてください。問題の根本は長い間存在し、心に埋もれていた可能性があるため、これにはかなり長い時間がかかる可能性があります。

3.ゆっくりと自分を変える

問題の根本を見つけたら、心を現在に戻して、この根本原因がどのようにあなたの視点をネガティブに形作るか、またはネガティブなことをするように促すことができるか想像してみてください。これは、将来、より良いアイデンティティを構築するのに役立ちます。

次に、そのネガティブな視点や行動をポジティブなものにゆっくりと変えてみてください。間違えたときは、単なる失敗ではなく、教訓として受け止めてください。完全に変更できるようにするには、複数の自己内省が必要です。

4.自分と和解する

内省するときは、過去に起こった間違いやあなたが持っている欠点について自分自身を許すようにしてください。何が起こったのか自分を責める必要はありません。同じ過ちを繰り返さないようにもっと注意する必要があります。

内省することで、あなたは自分の長所、可能性、そして限界にもっと気づくようになります。この規定により、問題に直面したときに、より落ち着いてコントロールできるようになります。それ以上に、あなたは自分自身と和解するのがより簡単であることに気付くでしょう。

それが、実行できる自己内省の利点と方法です。それでも自分を責め、行動や考えが心に残っている場合は、心理学者に相談して適切な治療を受けることをお勧めします。