健康

禁煙によるニコチン離脱症状を克服するための4つのヒント

ニコチン離脱症状は、この不健康な習慣を止めようとしている喫煙者によってしばしば経験されます。この状態は、頭痛、集中力の低下、欲求不満を特徴としています。ただし、対処する方法はいくつかあるため、心配する必要はありません。

禁煙は簡単ではありません。その理由は、タバコのニコチン含有量が中毒性または中毒性の影響を与える可能性があり、この悪い習慣を止めるのが難しいためです。

ニコチン摂取をやめると、喫煙者は、頭痛、吐き気、便秘、咳、集中力の低下、不眠、頻繁な空腹感、神経過敏、さらにはストレスに至るまで、ニコチン離脱症状を経験する可能性があります。

ニコチン離脱症状の最小化

あなたが喫煙をやめようとしていて、それが難しい、あるいはニコチン離脱症状を経験することさえあるなら、あなたがそれらを克服するためにあなたがすることができるいくつかの方法があります、すなわち:

1.行動療法を受ける

行動療法の主な目標は、喫煙をしているように感じ、禁煙を困難にするきっかけとなる要因を特定することです。トリガーが見つかると、心理学者またはカウンセラーがあなたの状態に最も適した禁煙戦略を計画します。

それだけでなく、この療法を通して、あなたはまた、喫煙をやめようとするときにしばしば生じる否定的な考えや悲観論を克服するように指示されます。

2.ニコチン置換療法を試す

ニコチン置換療法(ニコチン置換療法)は、人が喫煙をやめたときに発生する欲求不満や禁断症状を克服するためによく使用される1つの方法です。

この治療法は、チューインガムやトローチ剤などのいくつかの媒体を介して、体に低用量のニコチン摂取を与えることによって行われます。したがって、喫煙意欲は徐々に低下します。

安全でニコチン離脱症状を克服できると考えられていますが、この治療法を試す前に医師に相談することをお勧めします。

3.薬の助けを借りて

のようないくつかの種類の薬 ブプロピオンバレニクリン、ニコチン離脱症状を和らげることもできます。そしてあなたが禁煙するのを助けます。ただし、これらの薬は、指示されたとおりに、医師の監督下でのみ服用する必要があります。

4.併用療法を受けている

成功を高めるために、いくつかのタイプの禁煙療法を同時に行うことができます。

例えば、ニコチン置換療法または薬物療法と組み合わせた行動療法は、ニコチン置換療法単独または行動療法単独よりも、禁煙時のニコチン離脱症状を軽減するのにより効果的であることが見出された。

禁煙は簡単なことではありません。ニコチン離脱症状が原因で最初の試みで喫煙をやめなかった喫煙者も少なくありません。

決心したが離脱症状を経験している場合は、前述の提案を実装してみてください。

喫煙したいという衝動が戻ってきたら、好きな活動や趣味をしたり、健康的で栄養価の高い食べ物を食べたり、定期的に運動したりするなど、考えを他のことに向けてみてください。

さらに、あなたはまた、あなたが喫煙をやめるために達成したい目標を思い出させるために、あなたの家族とあなたの周りの人々からの支援と助けを求めることができます。

ただし、上記のさまざまな方法を試してもニコチン離脱症状が治まらず、それでも禁煙に問題がある場合は、症状に応じたアドバイスや適切な治療について医師に相談することを躊躇しないでください。