家族

赤ちゃんのSIDSまたは突然死、この状態からあなたの子供を保護します

NS突然nfant NSイース NS症候群 またはSIDS 1歳未満の健康な乳児の突然死であり、予期せずに、または何の症状もなく発生します。この状態から赤ちゃんを守るには、原因と予防方法を知る必要があります。

SIDSは通常、十分な酸素が得られないために赤ちゃんが眠っているときに発生します。これは、赤ちゃんの睡眠位置から、まだ特定の発達段階に達していない、または遺伝性の状態のために弱い赤ちゃんの体調まで、さまざまな要因によって引き起こされる可能性があります。

SIDSトリガーファクター

赤ちゃんのSIDSのリスクを高める可能性のあるいくつかの要因は次のとおりです。

1.同じベッドまたはソファで赤ちゃんと一緒に寝る

同じベッドやソファで赤ちゃんと一緒に寝ると、SIDSのリスクが高まる可能性があります。なぜなら、寝ている間は、気づかずにシフトしたり、向きを変えたり、赤ちゃんを殴ったりすることができるからです。赤ちゃんの体は小さいので、小さな圧力でも呼吸能力を妨げる可能性があります。

2.赤ちゃん腹臥位で寝る

腹臥位で気道が圧迫されると、赤ちゃんは正常に呼吸できなくなり、脳への酸素供給が低下します。この状態では、赤ちゃんが腹臥位から背中に戻る能力がまだない場合、SIDSのリスクははるかに高くなります。

3.妊娠中および出産中の状態

早産児や低出生体重児もSIDSのリスクがあります。これらの状態の両方で、赤ちゃんの神経系は出生時に完全に成熟していません。その結果、呼吸のプロセスを自動的に制御する脳の能力はまだ完全ではありません。

さらに、20歳未満の母親から生まれた赤ちゃん、または妊娠管理がなく、SIDSで死亡した家族歴のある赤ちゃんも、SIDSを発症するリスクが高くなります。

4.有害物質への暴露

妊娠中および出産後にタバコの煙、アルコール、および違法薬物にさらされた赤ちゃんも、SIDSを発症するリスクがはるかに高くなります。

これは、これら3つの成分の物質が赤ちゃんの脳の発達に影響を与える可能性があるため、出生後の呼吸や動きに対する赤ちゃんの反応が本来よりも弱いためです。

上記の要因に加えて、生後4か月未満の乳児、呼吸器感染症、または睡眠中に過熱を経験する乳児も、SIDSのリスクが高くなります。

SIDSを防ぐ方法

赤ちゃんのSIDSを防ぐために、あなたができることがいくつかあります。それらのいくつかを次に示します。

  • 同じベビーベッド、ソファ、椅子のいずれかで、赤ちゃんと一緒に寝ることは避けてください。
  • 赤ちゃんを快適なベビーベッドまたはベビーベッドで寝かせます。ベッドをベッドの近くに置きます。
  • 寝具が柔らかすぎず、硬すぎないことを確認してください。
  • 赤ちゃんの周りに比較的大きくて重い人形、枕、抱き枕を置くことは避けてください。
  • 室温は、暑すぎたり寒すぎたりしないように設定してください。
  • 毛布が彼の肩より高くないことを確認してください。
  • 少なくとも1歳になるまで、赤ちゃんが常に仰向けに寝ていることを確認してください。
  • 間接喫煙への暴露から赤ちゃんを保護します。

SIDSまたは乳幼児突然死はひどいです。したがって、この状態を可能な限り予測して防止してください。必要に応じて、赤ちゃんの状態に応じて、SIDSを予防する最善の方法について医師に相談してください。