家族

赤ちゃんはいつ水を飲むことができますか?

飲料水は健康に良いですが、強くお勧めします。ただし、この推奨事項は乳幼児には適用されません。まだ小さすぎる赤ちゃんは水を飲むことができません。では、赤ちゃんはいつ水を飲むことができますか? 地獄?

水の役割は、内臓の健康を維持し、皮膚の鮮度を維持し、筋肉と関節の働きをサポートし、神経を保護するために非常に重要です。

それには無数の利点がありますが、実際、赤ちゃんに水を与えることには規則があります、 ほら。出生から生後6か月まで、乳児は母乳または粉ミルクからの水分のみを摂取する必要があります。

赤ちゃんに水を与えるのに最適な時期

生後6か月未満の乳児に水を与えたり、母乳や粉ミルクに水を加えたりすると、鼓腸、母乳育児への関心の欠如、栄養失調、下痢、低ナトリウム血症など、健康にリスクをもたらす可能性があります。

したがって、あなたは彼が生後6ヶ月であるか、補完的な食物(MPASI)を受け取った場合にのみあなたの子供に水を与えることができます。この年齢から、赤ちゃんは母乳以外の食べ物や飲み物からより多くのエネルギーと水分を必要とします。

しかし、飲むことができる水の量はまだ考慮する必要があります、はい、パン。 6ヶ月以上の乳児の水分量は約60mlですが、12ヶ月以上の乳児は1日450mlの水を飲むことができます。赤ちゃんが年をとるにつれて、この用量は増加します。水に加えて、特に彼が下痢をしているとき、あなたはあなたの子供に時々でんぷんを与えることもできます。

母親はまた、あまり多くの水を与えることをお勧めしません。これは、赤ちゃんの小さな体が、致命的となる可能性のある低ナトリウム血症などの過剰な水分と電解質の不均衡のリスクが高いためです。

赤ちゃんが水中毒を患っているときに発生する症状は、吐き気、発作、意識低下、眠気、および混乱を伴わない嘔吐です。これらの兆候は、より頻繁な排尿(> 8回)を伴い、尿の色は水だけのように白く、顔、腕、または脚の腫れがあります。

赤ちゃんに水を与えることは大丈夫ですが、投与量に注意を払うようにしてくださいね。さらに、母親が水泳や入浴中に子供に注意を払うことも重要です。彼が水中や水を飲み込むのにあまり時間をかけないように注意してください。

赤ちゃんがいつ水を飲むことができるかわからない場合、赤ちゃんに水を与えるための規則について混乱している場合、または水を与えられた後に子供が健康上の問題を抱えている場合は、遠慮なく医師に相談してください。