家族

これらは妊婦の体重が上がらない原因とそれらを克服する方法です

体重増加は、妊娠中に考慮すべき最も重要なことの1つです。その理由は、妊娠中の女性の体重が適切に増加しない場合、これは子宮内の胎児の状態にも影響を与える多くの深刻な健康問題を引き起こす可能性があるためです。

妊娠中の通常の体重増加は11〜16kgの範囲です。最初の学期では、妊娠中の女性は2〜4kgの体重を増やすことができます。出産までの次の学期では、体重は毎週約0.5〜1.5kg増加します。

妊娠中の女性の体重が推奨体重に従って増加しない場合、この状態は、赤ちゃんの早産から低出生体重など、母親と胎児に健康上の問題を引き起こすリスクがあります。

妊娠中の女性の体重が増えない原因

妊娠中に体重が増えない原因の1つは、母親が妊娠する前に体重が不足しているか、栄養不足であるということです。さらに、妊娠中の女性の体重増加を阻害する可能性のあるいくつかの要因があります。

1.吐き気と嘔吐

吐き気と嘔吐は、実際には妊娠中に起こる正常なことです。しかし、妊娠中の女性が過度の吐き気と嘔吐(妊娠悪阻)を経験した場合、この状態は脱水症と食欲不振につながる可能性があります。これにより、妊娠中の女性が体重を増やすことが困難になる可能性があります。

2.栄養失調

妊娠中の女性が消費する食事と食物摂取の選択は確かに体重に大きく影響します。栄養価のバランスの取れた食品をめったに食べないと、妊婦は栄養失調になり、体重が増えにくくなります。

3.情緒障害

体重増加の困難さは、妊娠中の女性が経験するストレスや感情的な圧力によっても引き起こされる可能性があります。ストレスがかかると、妊婦の食欲が低下し、エネルギーや栄養の必要性が満たされなくなる可能性があります。これにより、妊娠中の女性が体重を増やすことが困難になります。

4.遺伝的または遺伝的要因

上記の条件とは別に、妊娠中の女性の体重は増加しませんが、遺伝的要因によって引き起こされたり、家族から受け継いだりすることもあります。妊娠中の女性は食欲が少ないかもしれませんが、代謝が速く、体重を増やすのが困難です。

妊娠中に理想的な体重を取得するためのヒント

低体重のために妊娠を危険にさらすリスクを減らすために、妊娠中の女性ができるヒントは次のとおりです。

  • 少量ではあるが頻繁な食事、たとえば1日5〜6回の食事をとり、一度に大量の食事を食べることはできるだけ避けてください。
  • 野菜や果物などの健康食品を選択してください。さらに、妊娠中の女性は、ナッツ、魚、アボカド、オリーブオイルなどの良質の脂肪が豊富な食品をより多く食べることもできます。
  • 妊娠中のカルシウムの必要量を満たすためにたくさんのミルクを飲みます。妊娠中の女性は、妊娠中の女性の健康と胎児の成長と発達に重要な栄養ニーズを満たすために、妊娠中の女性のために特別なミルクを消費することもできます。
  • 追加の栄養補助食品を服用してください。サプリメントの種類と消費に適した投与量を決定するために、妊娠中の女性は医師に相談することができます。このサプリメントは通常、出生前のビタミンと一緒に与えられます。

さらに、妊娠中の女性は、適切なカロリーと栄養摂取を確保するために、妊娠中にどのような食べ物や飲み物を摂取する必要があるかを記録することもできます。上記のさまざまなヒントを適用しても妊娠中の女性の体重が増えない場合は、すぐに医師に相談してください。