家族

赤ちゃんにチーズをあげたいなら条件があります

チーズは栄養価の高い食品の一種です。しかし、赤ちゃんにチーズをあげても大丈夫ですか?もしそうなら、赤ちゃんは何歳からチーズを与えることができますか?そうでない場合は、 理由は何ですか?答えを見つけるために、 来て, NSの説明を参照してください 次の記事.

すべての親は、子宮から赤ちゃんが世界に生まれるまで、栄養摂取を含め、常に赤ちゃんのために最善を尽くしたいと思っています。

栄養素が豊富に含まれていることが知られている食品の1つはチーズです。さらに、味が良いと赤ちゃんはもっと貪欲に食べることができます。しかし、赤ちゃんにチーズを与えることはまだかなりの議論です。

赤ちゃんのためのチーズ給餌時間

生後6か月間は、母乳のみを子供に与えることをお勧めします。その後、補完食品(MPASI)をゆっくりと導入することができます。

両親の間で最もよく聞かれる質問の1つは、赤ちゃんにチーズを与えても大丈夫ですか?一部の小児科医によると、ほとんどの赤ちゃんは生後8か月以上であればチーズを食べることができます。

ただし、赤ちゃんの両親や兄弟が牛乳や加工品にアレルギーがある場合は、赤ちゃんへのチーズの提供を延期してください。

赤ちゃんにチーズを与えるための条件

チーズは、幼児に推奨されるタンパク質源のリストに含まれています。さらに、チーズにはカルシウム、脂肪、ビタミンD、ビタミンA、ビタミンBも豊富に含まれています。

ただし、赤ちゃんにチーズを与えるには、次のような条件があります。

  • 赤ちゃんにチーズを紹介する前に、肉、野菜、果物など、他の固形食品を次の形で紹介してください。 ピューレ またはお粥をろ過します。
  • 低温殺菌のラベルが付いたチーズを選択してください。低温殺菌されていないチーズまたは生のチーズには、リステリア症の原因となるリステリア菌が含まれている可能性があります。症状には、発熱、筋肉痛、吐き気、下痢などがあります。
  • カッテージチーズやモッツァレラチーズなどの柔らかいチーズから始めましょう。これらのタイプのチーズは赤ちゃんが噛みやすいからです。
  • お子様がアレルギー反応を示さない場合は、チーズをそのまま、または食品に混ぜて与え続けてください。チーズを細かく切って、お子様が窒息しないようにします。

お子さんが食物アレルギー、特にチーズやミルクに対するアレルギーに苦しんでいる場合は、チーズを与える前にまず医師に相談してください。

ミルクとチーズのアレルギーの症状

お子さんが牛乳やチーズやヨーグルトなどの乳製品にアレルギーがあることが判明した場合、かゆみ、腫れ、赤い斑点の形で皮膚に発疹、嘔吐、下痢、腹痛、咳、喘鳴、またはこれらの食品を食べた後の呼吸困難。

それぞれの子供におけるアレルギー反応の症状は異なります。軽度または重度の反応があり、ミルクまたはその加工製品を消費した直後または数日後に現れる反応があります。

赤ちゃんの牛乳アレルギーの症状が後で現れた場合、赤ちゃんは下痢、皮膚の発疹、窒息、嘔吐、絶え間ない泣き声や疝痛を経験する可能性があります。

赤ちゃんがチーズにアレルギーがある場合の注意点

チーズを食べた後、子供がアレルギーの兆候を示したら、粉ミルクやその他の乳製品を子供に与えるのをやめます。口や喉の腫れ、呼吸困難、失神などのアレルギー反応がひどい場合は、すぐに最寄りの救急治療室に連れて行き、治療と監督を受けてください。

お子様が補完的な食べ物を与えるのに十分な年齢である場合は、小児科医に相談して、赤ちゃんにチーズを与えることができるかどうかなど、赤ちゃんに与えることが許可されている食品と許可されていない食品を確認してください。