健康

これがへその緒に包まれた赤ちゃんの原因です

赤ちゃんのへその緒が絡まっていることは、妊娠中によく起こる症状の1つです。この状態は一般的に無害ですが、合併症を引き起こす可能性があるため、定期的に監視する必要があります。

健康な臍帯はと呼ばれるゼリーで保護されているため、臍帯に包まれた赤ちゃんは必ずしも危険ではありません ウォートンゼリー。このゼリーはへその緒の弾力性を保つのに役立つので、赤ちゃんはまだ自由に動くことができます。

臍帯コイル状の症例のほぼ半数は、子宮内での赤ちゃんの位置の動きや変位の影響により、自然に脱落する可能性があります。ただし、この赤ちゃんの動きは、臍帯の血管を挟んだり圧迫したりする可能性があるため、危険な場合もあります。

これが起こると、赤ちゃんに酸素を運ぶ血流が遮断される可能性があります。臍帯が赤ちゃんの首にきつく巻かれていると、赤ちゃんへの血流が妨げられることもあります。

臍帯でねじれた赤ちゃんのさまざまな原因

臍帯は赤ちゃんの生命線であり、母親から子宮内の赤ちゃんに酸素と栄養素を供給する働きをします。臍帯の長さは通常50cmで、赤ちゃんの首や体に360度巻き付けることができます。臍帯が絡まる主な原因は、赤ちゃんが活発すぎて子宮内を移動できないことです。

赤ちゃんが臍帯に巻き込まれているのは、母親がしていることではなく、赤ちゃんが子宮の中で動いているためであり、これは正常なことであるということを知っておくことが重要です。妊娠中の女性は症状が出ない可能性があるため、赤ちゃんがへその緒に巻き込まれているかどうかはわかりません。

活発な動きに加えて、赤ちゃんがへその緒に巻き込まれる原因となる可能性のあるものがいくつかあります。

  • 双子の妊娠
  • 羊水が多すぎる
  • 臍帯が長い

赤ちゃんがへその緒に巻き込まれているかどうかを調べるには、出生前に定期的に産科医を訪問する必要があります。超音波検査(USG)は、臍帯のねじれを検出するのに役立ちます。

超音波で赤ちゃんがへその緒に包まれていることがわかった場合、医師はその発達を監視し、あなたの状態と子宮内の赤ちゃんに応じて適切な出産プロセスを計画します。

臍帯に包まれた赤ちゃんの取り扱い

赤ちゃんのへその緒を絡ませることは一般的に無害ですが、出産時にへその緒を赤ちゃんの首に巻き付けると問題が発生する可能性があります。医師は、赤ちゃんへの血流が妨げられないように、臍帯が包まれているかどうかに細心の注意を払います。

臍帯が赤ちゃんの首にきつく巻かれていなければ、医師は臍帯を頭の上で緩めることで簡単に取り除くことができます。ただし、臍帯が複数回巻き付けられている場合、または臍帯が赤ちゃんの首に非常にしっかりと巻き付けられている場合は、赤ちゃんの肩が膣から出る前に臍帯がクランプされて切断される可能性があります。臍帯の絡まりによる呼吸器系の問題を抱えている乳児では、一般的に新生児の蘇生措置が必要になります。

実際には、赤ちゃんの首がへその緒に巻き付いているときに感じることができる兆候があります。

  • 子宮内での赤ちゃんの動きは違った感じがします。臍帯に包まれた赤ちゃんは、素早く突然動くことができます。その後、彼の動きはかなり遅くなりました。
  • 赤ちゃんは出産に至るまでの最後の数週間でゆっくりと動きます。

赤ちゃんがへその緒に絡まっていると医師が言っても、あまり心配する必要はありません。この状態は一般的に管理可能であり、赤ちゃんは通常の出産で生まれることができます。赤ちゃんの動きと発育を監視し続けるために、定期的に産科医を訪ねる必要があるだけです。