健康的な生活

お母さん、さあ、寝る前に子供たちに健康的な習慣を教える

子供たちが良い睡眠の質と量を持つためには、就寝前に健康的な習慣を身につけることが必要です。どのような健康的な習慣を身につける必要がありますか? 来て、 見る次の説明 だいたいなれ就寝前のさまざまな健康習慣 あなたが教えることができること 子供の中で。

就寝前に行われる活動は、子供の睡眠パターンに影響を与えます。良い睡眠パターンは子供の成長と発達を助けます。成長期には、子供はより長い睡眠時間を必要とします。これは約10〜11時間です。

健康的な習慣 NS小さな子のために寝る前に

あなたの子供がより質の高い睡眠時間を取り、健康的に成長できるように、あなたは彼に次の習慣を教えることができます:

1.就寝前の時間と食べ物の種類に注意してください

就寝時間に近すぎる大量の食事は、子供が眠ることを困難にし、GERDなどの消化器疾患を引き起こす可能性があります。これを防ぐために、就寝時刻の少なくとも3〜4時間前に夕食をとることを習慣にしてください。

さらに、提供される食品の種類にも注意を払ってください。子供は、カフェイン入りの飲み物やお茶、ソーダ、チョコレートなどの食品を過剰に摂取しないでください。これは、カフェインが睡眠パターンを妨げる可能性があるためです。

これらの飲み物の代わりに、母親は就寝前にミルクや果物を与えることができるので、子供は空腹ではありません。

2.歯を磨き、自分をきれいにします

口や歯を定期的に掃除しないと、特に一日中さまざまな種類の食べ物を食べた後、細菌が口の中や歯の間に集まる可能性があります。ですから、お子さんが寝る前に歯を磨く習慣をつけましょう。この習慣は虫歯を防ぐこともできます。

歯科および口腔衛生に加えて、子供たちは定期的に入浴することによって自分の体を清潔に保つように教えられる必要もあります。お母さんはお湯でお子さんを入浴させることができます。お湯は眠りやすく、眠りにつくからです。

3.着替えとベッドの掃除

子供がより快適に眠れるように、母親は子供の服をパジャマやパジャマに変えることができます。

さらに、部屋やベッドの環境も子供の睡眠習慣に影響を与えます。適切な室温のクリーンルームは、子供たちが快適に眠るのに役立ちます。子供がより快適に眠れるように、室温を18〜24°Cの範囲に保ちます。食べ物やおもちゃなどを持ち歩くことは避けてください。 ガジェット それは実際に彼が遅くまで遊んでいるようにすることができるので、寝る。

4.物語を読む

母親はまた、寝る前に子供たちに物語を読むことができます。この習慣は、子供の認知発達と言語スキルを助けるのに役立ちます。

さらに、この相互作用はまた、親と子の間の関係を強化することができます。母親はまた、この瞬間を子供たちと物語や気持ちを共有する時間にすることができます。

それでも、与えられる物語の種類に注意を払ってください、お母さん。楽しくて刺激的なストーリーを選び、怖い話や面倒な話はできるだけ避けてください。

5.部屋の照明を暗くして、消灯します ガジェット

テレビ、コンピューター、 スマートフォンは、睡眠パターンとタイミングに役割を果たすホルモンであるメラトニンの生成を妨げる可能性があります。また、朝起きるのが難しくなることもあります。したがって、遠ざける ガジェット 就寝時刻の少なくとも1時間前にあなたの子供が手の届かないところにいます。

また、寝室が暗いとメラトニンの生成も増えるため、小さな部屋の照明を消す習慣をつけましょう。お子さんが暗闇を恐れている場合は、お子さんの部屋の明かりを暗くすることができます。

就寝前には、子供の成長と発達にプラスの影響を与える可能性のあるさまざまな健康的な習慣があります。子供がそれに慣れるように、これらの活動を毎日同時に行ってください。さらに、母親はリトルワンの例と同じ健康的な習慣を身につけることが奨励されています。