家族

妊娠中の安全な断食へのガイド、それで母親と赤ちゃんは健康を維持します

妊娠中の女性は、胎児が子宮内で摂取する栄養素が減少し、発育が妨げられることを恐れているため、ラマダン中に断食することを躊躇しますか?さあ、次の安全な断食ガイドを見てください!

実際、妊娠中の女性は、別の時間に、または施しの形で断食に取って代わることができるため、ラマダンで断食する必要はありません。ただし、妊娠中の女性が健康または健康である場合、妊娠中の断食は一般的に安全です。

しかし、断食をスムーズに行い、子宮内の赤ちゃんを健康に保つために、妊婦が注意を払う必要のあることがいくつかあります。

空腹時の安全性と子宮内の赤ちゃんへの影響

妊娠中の断食は一般的に安全ですが、妊娠中の女性はそうする前に産婦人科医に相談することをお勧めします。その理由は、妊娠中の女性が貧血や妊娠糖尿病などの特定の健康上の問題に苦しんでいる場合、断食を安全に行うために、妊娠中の女性は医師の承認を得る必要があるためです。

医師が「青信号」を出すと、妊娠中の女性は彼らの推奨に従って断食することができます。一般的に、カロリー、栄養素、水分の必要性が適切に満たされている限り、絶食は胎児に悪影響を及ぼしません。絶食中の血液中の化学的バランスの変化も、一般的に胎児に害を及ぼしません。

ある研究では、妊娠中に絶食した母親の赤ちゃんは、出産後の赤ちゃんのAPGARスコアに違いがないことも示されました。このスコアは、赤ちゃんの肌の色、筋肉の活動、反射神経、心拍数、呼吸のチェックなど、新生児に対して実行されたテストの結果です。

しかし、他の研究では、赤ちゃんの出生時体重が低くなる可能性があることが示されています。違いは非常に小さく、それほど重要ではないというだけです。

通常の体重で健康的なライフスタイルを採用している妊婦も、一般的に断食は健康状態に少ししか影響しないため、心配する必要はありません。これは、妊娠中の女性が赤ちゃんが子宮内で必要とする栄養素を蓄えているためです。

妊娠中の断食のヒント

妊娠中の体は空腹時にエネルギーを必要とし、子宮内の赤ちゃんも同様です。これが、妊娠前であっても、健康的な体重とライフスタイルによって妊娠中の断食をサポートする必要がある理由です。

妊娠中の女性が快適かつ安全に断食できるように、従うことができるガイドラインがあります。

1.食事の議題を作成します

栄養の適切さをチェックするために、妊娠中の女性はメニューと毎日どのような食べ物が消費されているかに注意して食べ物の議題を作ることをお勧めします。これらのメモは、特に妊娠糖尿病の場合、医師にも役立ちます。

2.十分な水分の必要性

特に乾季に断食月が来る場合は、妊娠中の女性の水分の必要性が適切に満たされていることを確認してください。妊娠中の女性は、毎日少なくともコップ10杯または約2.3リットルの水を飲む必要があり、脱水症状を避けるために夜明けとイフタールで飲むことができます。

3.飲み物を制限する berカフェイン

実際、絶食の有無にかかわらず、妊娠中のカフェインの消費は停止または削減する必要があります。これは、1日200mg以下または2カップ未満のインスタントコーヒーです。これは、高血圧への脱水、消化不良を防ぐためです。

4.健康的な栄養の摂取量を満たす

栄養価の高い健康食品を食べることで、妊婦の栄養ニーズが適切に満たされていることを確認してください。妊娠中の女性はまた、絶食中の便秘を防ぐために、絶食後に全粒穀物、豆、ナッツ、野菜、果物などの高繊維食品の消費を増やす必要があります。

5.メンプイフタールとスフールで食べる食べ物に注意してください

消費される食品が健康的な食品であることを保証することに加えて、妊娠中の女性はまた、イフタールとスフールの間に消費される食品を選択する際により選択的でなければなりません。

断食をするときは、高糖分を含む食べ物や飲み物の消費を制限する必要があります。糖分が高すぎると、血糖値が急速に増減する可能性があるため、妊娠中の女性はすぐに疲れます。

妊娠中の女性は、エネルギーを回復するために断食をするときは、水、砂糖を含まないジュース、温かいスープ、または果物を摂取する必要があります。その後、栄養価の高い食品を摂取します。

一方、スフールの場合、妊婦は全粒穀物などの複雑な炭水化物を含む食品や野菜などの繊維が豊富な食品を食べることができます。これらの食品はエネルギーをゆっくりと放出する可能性があるためです。

6.十分な休息をとる

妊娠中の女性には十分な休息時間をとってください。妊娠中の女性が働いている場合は、オフィスで休憩をとって短い昼寝をしてください。約15〜20分寝ると体がすっきりします。したがって、特に妊娠中の女性が休むのにより多くの時間が必要な場合は、これを上司によく伝えてください。

7.活動を制限する

断食をしている妊婦は、そうでない妊婦よりもストレスホルモンのコルチゾールのレベルが高い傾向があります。このため、妊娠中の女性は、仕事のストレスなど、ストレスを引き起こす可能性のある状況を回避する必要があります。

妊娠中の女性が仕事に疲れたときは、休憩して深呼吸してください。妊娠中の女性が仕事が重すぎると感じた場合は、上司に相談して解決策を見つけてください。

8.孟激しい運動を避ける

断食中の激しい運動は避けてください。また、妊娠中の女性は、すぐに喉が渇かないように、暑いときは屋内にいることをお勧めします。

妊娠中の女性が断食するときに注意すべき条件

断食の精神は高いですが、妊婦の健康状態を無視しないでくださいね。妊娠中の女性が以下の症状を経験した場合は、直ちに断食を中止し、医師に相談してください。

  • 吐き気と嘔吐
  • 非常に喉が渇いた、弱い、排尿の頻度が少ない、尿の色が暗くなり、においが鋭くなるなどの脱水症状。
  • 発熱、頭痛、不整脈、または胃のけいれん
  • 早産の兆候である可能性がある収縮に似た痛み

上記のことが起こった場合は、砂糖と塩を含む水または水分補給液を飲んで断食してください。その後、すぐに妊婦の状態を医師に相談してください。

健康的な体重とライフスタイルを持っている妊婦には、一般的に断食が許可されています。ただし、妊娠中の安全な断食のヒントに従うことを忘れないでください。断食を決定する前に、それでも産科医に相談してください。妊娠中の女性の状態がそれを許さないならば、あなた自身を断食することを強制しないでください。