家族

赤ちゃんの敏感肌に間違った石鹸を選ばないでください

赤ちゃんの敏感肌には、特別なケアと製品、特に石鹸の種類が必要です。間違ったケア製品を選択すると、赤ちゃんの肌が実際に乱れる可能性があります。 pの使用は避けてください赤ちゃんの肌の状態に適さないため、一般的に大人に使用される製品。

薄くてデリケートな傾向があるため、赤ちゃんの敏感肌は大人よりも肌のトラブルを起こしやすい傾向があります。敏感肌の方は、赤ちゃんの敏感肌専用の処方の製品をご使用ください。

赤ちゃんの肌の衛生と健康への配慮

赤ちゃんの肌を清潔に保ち、潤いを保つことができる特別なベビーソープを使用して赤ちゃんを入浴させることで、赤ちゃんの肌の清潔さと健康をケアすることができます。その後、毎日きれいな布で赤ちゃんの顔、首、手をきれいにしてください。

また、赤ちゃんを入浴させるときは、暑すぎたり寒すぎたりする水は使用しないでください。赤ちゃんの体温は摂氏37度前後の温水で入浴することをお勧めします。

赤ちゃんの入浴は長すぎてはいけません。 1歳未満の乳児は、乳児の皮膚が乾燥して炎症を起こしやすいため、10分以上の入浴はお勧めしません。

赤ちゃんの敏感肌をあせもから守るために、綿などの天然繊維素材の服を着たり、着ている服を緩めたりして、空気の循環を保ち、汗の吸収を良くしてみてください。また、赤ちゃんのおむつかぶれを防ぐために、定期的に赤ちゃんのおむつかぶれをチェックして交換することを忘れないでください。

適切なベビーソープを選択するためのヒント

上記のことに加えて、赤ちゃんの敏感肌が乾燥や炎症を起こすのを防ぐことも、適切なベビーソープを選択することによって行うことができます。母親は、マイルドな配合の成分を含み、赤ちゃんの肌のpHバランスを維持できるベビーソープを選択することをお勧めします。

ベビーソープを選択するためのいくつかの基準は次のとおりです。

  • グリセリンが含まれています

グリセリンを配合したベビーソープは、赤ちゃんの肌に潤いを与える傾向があるため、乾燥肌や炎症を防ぐことができます。

  • pHバランス

ベビーソープのpHがバランスしていることを確認することも重要です。母親はpH情報のあるベビーソープを選ぶことができます バランスの取れたこれは、石鹸のpHレベルがバランスが取れており、赤ちゃんの肌のpH値に近くなるように調整されているため、赤ちゃんの肌層の健康を維持するのに役立ちます。

  • 低アレルギー性

ベビーソープのパッケージに説明がある場合 低アレルギー性、製品が刺激やアレルギー反応を引き起こすリスクが小さくなる傾向があることを意味します。

  • 無香料 危険な とアルコール

赤ちゃんの肌への刺激のリスクを避けるために、有害な香料やアルコールを含まないベビーソープを選択することをお勧めします。

  • パラベンフリー

パラベンは防腐剤としてよく使用され、製品の細菌や真菌による汚染を防ぎます。ただし、パラベンを含む製品は、ガンを発症するリスクを高める可能性があると考えられているため、注意が必要です。

  • 抗菌ラベルの付いた製品は避けてください

このコンテンツは、特別なベビー用品では一般的ではありません。赤ちゃんの肌の健康を維持するのに役立つように見えますが、赤ちゃんに抗菌せっけんを使用すると、実際に肌に刺激を与える可能性があることがわかりました。

入浴後は、赤ちゃんの肌をしっとりと潤いを保つために、赤ちゃんの肌に保湿剤を塗ることを忘れないでください。その後、赤ちゃんのおむつを定期的に交換し、慎重に掃除して、皮膚の炎症を避けてください。

赤ちゃんの敏感肌用の石鹸を含む治療法の選択には、特別な注意が必要です。したがって、赤ちゃんの肌の健康が維持され、赤ちゃんの皮膚の炎症を回避できるように、親は赤ちゃんに敏感なスキンケア製品を選択する際にもっと注意する必要があります。