健康

脳脊髄液、脳と脊髄の重要な液体

脳脊髄液とは何か知っていますか? NSこの液体は脳を保護するのに役立つので非常に重要です。したがって、gこの液体の乱れは、乱れを引き起こす可能性があります オン 脳の機能 また。

通常の脳脊髄液の組成は99%が水で、残りはで構成されています。タンパク質、単核細胞のブドウ糖、電解質、酵素、および白血球(白血球)。ほとんどが水であるため、この液体は透明または半透明の色をしています。

脳脊髄液機能

脳脊髄液は、脳の脳室、脳幹、および脊髄の周りを流れます。この液体は、バクテリアの成長と発達を阻害する抗菌特性を持っています。

脳脊髄液には3つの主要な機能があります。

  • 脳組織を所定の位置に保ち、脳を損傷から保護するためのクッションを提供します。
  • 脳組織に栄養素を供給し、脳から老廃物を取り除くための媒体として
  • 頭蓋内圧のバランスを、血液と脳組織とともに維持します。

成人の脳脊髄液の産生は1日あたり約500mlです。一方、4〜13歳の子供では、1日あたり約65〜150mlの生産量です。この液体は吸収され、6〜8時間ごとに新しいものと交換されます。

脳脊髄液の異常

脳や脊髄に感染があると、脳脊髄液の色が変わって曇ってしまうことがあります。これは、感染または白血球とタンパク質の蓄積を示している可能性があります。

その中の内容に加えて、脳脊髄液の生成と吸収の間のバランスが重要です。脳脊髄液は絶えず生成されているため、その吸収と流れが妨げられると、脳の空洞に蓄積し、最終的に水頭症を引き起こす可能性があります。

乳児や子供では、水頭症は通常、頭囲のサイズの増加を特徴とします。

脳脊髄液障害の治療

脳脊髄液の異常は原因に応じて治療されます。原因が感染症の場合は、感染症の種類に応じて医師が治療を行います。感染を防ぐために、予防接種をすることができます。

水頭症で発生するように、脳脊髄液の異常が産生および血流障害である場合、手術が必要になる場合があります。通常行われる2つの手術方法は挿入手術です シャント内視鏡的第3脳室開窓術 (ETV)。

脳脊髄液は、脳の働きにとって非常に重要な機能を持っています。したがって、時間の経過とともに悪化する頭痛、嘔吐、意識の低下など、この水分の乱れを示す可能性のある苦情がある場合は、すぐに医師に相談して適切な治療を受けてください。