健康

蜂刺され療法の利点

ハチ刺され療法は、長い間実践されてきた伝統的な治療法です。ハチ刺されによる毒を利用した治療法は、さまざまな病気を治療できると考えられています。 関節リウマチ.

ハチ刺され療法は2つの方法で行うことができます。まず、ハチ刺されを人間の皮膚に直接取り付けることによって。第二に、治療される体の部分に蜂毒抽出物を注入することによって。どちらの方法を選択しても、この代替療法にはいくつかの健康上の利点があると考えられています。

利点 蜂刺され療法

ミツバチの毒には、抗炎症作用のある化学物質が含まれています。これらの化合物は、炎症を軽減することにより、痛みを軽減し、特定の病気の治癒を促進することができると考えられています。

さまざまな研究で、次のようなさまざまな病気を治療するためのハチ刺され療法の利点が検討されています。

1.アレルギー

しかし、これまでのところ、一般的なアレルギー治療としてのハチ刺され療法の利点を裏付ける強力な臨床的証拠はありません。

2.関節リウマチ (RA)

研究によると、ハチ刺され療法は、患者の腫れ、痛み、関節のこわばりを軽減することができます関節リウマチ。さらに、他の研究によると、症状を治療するための薬の投与 関節リウマチ 加えて、ハチ刺され療法もこの病気の再発を防ぐことができると見られています。

3.ループス

4.神経疾患

蜂刺され療法は、パーキンソン病や糖尿病などの神経疾患の治療における代替治療としても使用できます。 多発性硬化症。この病気の治療のためのハチ刺され療法の利点は、抗炎症特性を持っているハチ毒の効果に関連していると考えられています。

5.背中の痛み

ハチ刺され療法は特定の病気の治療に役立つと考えられていますが、この代替療法の有効性と安全性についてはさらに調査する必要があります。

蜂刺され療法の副作用

ハチ刺されには、一部の人にアレルギー反応を引き起こす可能性のある物質が含まれています。このアレルギー反応は致命的となる可能性があります。

アレルギーのない人でも、かゆみ、皮膚の腫れ、頭痛、咳、子宮収縮、皮膚の黄変などの副作用のリスクがあります(黄疸)、痛み、筋力低下。

ハチ刺され治療を受けることにした場合は、最初に医師に相談してください。蜂刺され治療は、この代替治療法の副作用とリスクを理解している認定専門家によって実行されることを確認してください。

Copyright ja.pitorriroma.com 2023