家族

妊娠中の睡眠困難を克服するためのヒント

妊娠後期の睡眠障害はよくある不満です。少なくとも推定 妊娠中の女性の4人に3人がこの状態を経験しています。妊娠していて睡眠に問題がある場合は、妊娠中の女性の健康を維持するために睡眠の質を改善するためのヒントがあります。

妊娠後期に不眠症の訴えを引き起こす可能性のある多くの要因があります。たとえば、妊娠中の女性が不快に感じる子宮のサイズの拡大、脚のけいれん、腰痛、刺痛または胸焼け、吐き気と胸焼け、夜間の頻尿などです。ストレスと不安。

妊娠中の不眠症の原因のほとんどは無害であり、問​​題は出産後に自然に消えることがあります。ただし、妊娠中の女性は、睡眠に問題が生じることが多い場合や、この苦情によって妊娠中の女性が疲れて動きにくくなる場合にも、注意を払う必要があります。

妊娠中の睡眠困難を克服する方法

非常に一般的ですが、妊娠後期の不眠症の苦情は適切に対処する必要があります。その理由は、倦怠感を引き起こすだけでなく、妊娠中の睡眠不足は、妊娠中の女性を子癇前症や高血圧などの妊娠合併症のリスクを高める可能性があるためです。

さらに、治療されていない妊娠中の睡眠障害は、妊娠糖尿病を発症するリスクが高く、帝王切開で出産する、未熟児を出産する、または産後うつ病になる可能性もあります。

妊娠後期の不眠症の訴えを克服するために妊娠中の女性ができる方法は次のとおりです。

1. P寝姿勢に注意

妊娠中の女性は、快適に眠れるように睡眠位置を調整する必要があります。妊娠後期に推奨される睡眠姿勢は、膝を曲げて左側で寝ることです。

妊娠中の女性が不満を感じるとき 胸焼け または胸の熱い感覚で、妊娠中の女性は枕の山に背を向けて半座位で眠ることができます。

2.追加の枕を利用する

妊娠中の女性は、リクライニング時に体を支えるだけでなく、通常の枕や特別な枕を使って、横向きで寝ているときにお腹を両足の間に置くことでお腹を押さえることができます。そうすれば、妊娠後期に眠ることがより快適になります。

3. T就寝時間を適用する

毎日定期的な就寝時間を適用してみてください。妊娠中の女性がより早く眠れるように、落ち着いた眠りの雰囲気を作り、部屋の照明を暗くすることをお勧めします。夜に妊娠中の女性が睡眠不足の場合は、短い昼寝の時間を作る必要があります。妊娠中の女性も睡眠衛生を適用することができます.

4.リラクゼーションテクニックを練習する

心と体の筋肉をリラックスさせるには、就寝前にリラックスしてみてください。 1つの方法は、呼吸を調整することです。つまり、深呼吸をしてからゆっくりと口から吐き出します。

また、妊婦さんもヨガやヨガでリラックスできます ストレッチ 就寝前にアロマテラピーを試すか、夫にマッサージを依頼してください。この方法は、妊娠中のストレスに対処するためにも行うことができます。

5.適切な栄養摂取

あなたがよりよく眠るのを助けるためにいくつかの食べ物と飲み物のオプションがあります。就寝前に温かいミルクを摂取したり、卵、全粒粉パン、ビスケット、ナッツなどの炭水化物やタンパク質を多く含む食品を摂取すると、妊婦はより早く眠りにつく可能性があります。

これらの食品は、妊娠中の女性の栄養とエネルギーのニーズを満たすだけでなく、胎児の成長と発達をサポートするのにも適しています。妊娠中の女性が妊娠後期に睡眠に支障をきたさないように、コーヒー、お茶、カフェインを含むエナジードリンク、およびアルコール飲料を摂取しないようにしてください。

6.定期的に運動する

妊娠中の女性は、すぐに眠れるようにするために、体重や胃の増加に悩まされていても、活動を続けて定期的に運動することをお勧めします。

活動を続けることで、不眠症の訴えに対処できるだけでなく、腰痛、便秘、倦怠感など、妊娠後期の苦情も和らげることができます。

ただし、覚えておいてください。妊娠中の女性はこれを慎重に行う必要がありますが、妊娠中の女性の安全な運動オプションに関連するものを含め、許可されている活動と許可されていない活動について医師に相談する必要があります。

これらは、妊娠中の女性が試すことができる妊娠後期の不眠症を克服するためのいくつかのヒントです。上記の方法を適用したが、不眠症の訴えが消えない場合は、妊娠中の女性は産婦人科医に相談することをお勧めします。医師は妊婦の状態や健康状態に応じて適切な治療を行います。