家族

赤ちゃんが泣くことはめったにありませんが、これは正常ですか?

赤ちゃんが泣くことはめったにないので、両親は不安になり、不思議に思うことがよくあります。これは、赤ちゃんが障害や病気を患っている兆候ですか?赤ちゃんがめったに泣かない理由を見つけるために、次の記事の議論を見てみましょう。

泣くことは赤ちゃんがあなたとコミュニケーションをとる方法です。赤ちゃんが泣く理由は、通常、空腹、眠い、寒い、または暑い、おむつが濡れている、不快な、怖い、または退屈していて、抱きしめたいだけであることを知らせるためです。

ある赤ちゃんから別の赤ちゃんへと泣くパターンは異なります。平均的な赤ちゃんは1日あたり約1〜3時間泣き、通常は午後と夕方に泣きます。

赤ちゃんがめったに泣かないようにするものは何ですか?

1日3時間以上泣く赤ちゃんもいますが、めったに泣かない赤ちゃんもいます。これは、次のようないくつかの原因で発生する可能性があります。

1.適切な母乳育児スケジュール

空腹は、赤ちゃん、特に新生児の泣き声の最も一般的な原因の1つです。赤ちゃんはまだたくさんのミルクを胃に入れることができないので、ミルクを飲んだ後すぐに再び空腹を感じるでしょう。

したがって、両親は赤ちゃんが空腹を感じる前に、スケジュールどおりに赤ちゃんに母乳を与える必要があります。定期的に母乳で育てれば、通常、赤ちゃんは落ち着いて泣きにくくなります。

2.おむつを熱心に交換します

おむつが濡れていたり、尿や糞で汚れていたりすると、赤ちゃんは不快感で泣くことがあります。親が勤勉で赤ちゃんのおむつを定期的に交換する場合、これが原因で赤ちゃんが泣く可能性も低くなります。

3.赤ちゃんは快適に感じる

赤ちゃんは、柔らかくて通気性のある服を着ているときや、室温が快適なときなど、快適なときは泣きにくくなります。快適な状態は、赤ちゃんを落ち着かせ、うるさくなく、よりぐっすりと眠らせます。

4.赤ちゃんの気質

気質は、赤ちゃんの周りで起こっていることに対する赤ちゃんの反応の一形態です。すべての赤ちゃんは、異なる気質や性質で生まれます。

赤ちゃんの中には、新しい状況や人に簡単に適応できる性格を持っている人もいるので、うるさくなく、泣くこともめったにありません。一部の赤ちゃんは実際には反対の性格を持っています。彼らは、ある状況にあるとき、または新しい人に会うとき、不快に感じ、簡単に泣く傾向があります。

一部の赤ちゃんはまた、光やノイズに敏感であるため、特に光やノイズが睡眠から目覚めた場合、簡単にイライラして泣く可能性があります。

いつ心配するか NS赤ちゃんがめったに泣かない場合は?

赤ちゃんが泣くことはめったにありませんが、赤ちゃんが元気で健康である限り、心配する必要はありません。さらに、赤ちゃんが泣く頻度が少ない場合に心配する必要のない条件が他にもいくつかあります。

  • 遊びたい。
  • 彼の周りの音や物体に敏感で興味を持っているように見えます。
  • 母乳で育ててよく食べることができます。
  • 年齢に応じた正常な成長と発達。
  • 身長と体重は年齢とともに増加します。
  • 十分な睡眠をとる。

しかし、あなたの子供がめったに泣かず、疑わしい症状や兆候を示している場合は、注意を払い、すぐに医者に連れて行く必要があります。以下は、赤ちゃんの泣き声が少ない場合に注意すべき兆候と症状です。

赤ちゃんはあまり活発ではありません

赤ちゃんは弱く、疲れていて、無気力で、しばしば眠く見え、通常よりも長く眠ります。赤ちゃんは、話したり遊んだりするように誘われたときに、遊ぶのが面倒になったり、反応しなくなったりすることもあります。

母乳育児に対する食欲や怠惰はありません

赤ちゃんは通常2〜4時間ごとに餌を与えます。赤ちゃんが授乳する頻度が少なく、眠り続け、授乳の時間になっても授乳しない場合、または授乳後に赤ちゃんが大量に嘔吐する場合、これは赤ちゃんが病気であることを示している可能性があります。

減量

赤ちゃんは通常、生後1週間で出生時体重の10%を失いますが、赤ちゃんの体重は2週間以内に正常に戻ります。赤ちゃんの体重が減少し続けるか、体重が増加せず、年齢に合わない場合は、この状態も考慮する必要があります。

また、医師がめったに泣いたり、次のような他の症状を経験したりする場合は、注意を払い、すぐに医師のところに連れて行く必要があります。

  • 息苦しい
  • 呼吸音
  • 唇は青みがかっています
  • 淡くて冷たい肌
  • 目が沈んで見える
  • まれに、またはまったく排尿しない
  • 発作

赤ちゃんが上記の症状のいくつかを伴ってめったに泣かない場合、彼はできるだけ早く医師の診察を必要とする特定の病気または状態を持っている可能性があります。

、これで十分に理解でき、めったに泣かない赤ちゃんの状態を区別できるようになりました。これは正常な状態であり、注意が必要な状態です。あなたの子供がたくさん泣くが正常であるならば、これはおそらく心配することではありません。

ただし、子供が泣くことはめったになく、注意が必要な他の症状を示している場合は、すぐに小児科医に診てもらい、治療を受ける必要があります。