家族

MPASI用のココナッツミルク、安全かどうか?

ココナッツミルクを食品に加えると、より風味豊かでおいしい味を作り出すことができます。しかし、ココナッツミルクを赤ちゃんの補完的なフードメニューに追加することはできますか?答えを知りたい場合は、次の記事を見てみましょう。

ココナッツミルクを得るには、すりおろした古い頭肉を最初に湿らせてから、絞ってろ過します。この食材は、スープからグリル料理まで、インドネシア料理で非常に一般的です。

MPASIのココナッツミルクの安全性に関する事実

ココナッツミルクは、脂肪、タンパク質、ビタミンB3、ビタミンC、鉄、マグネシウム、銅、マンガン、セレンの優れた供給源です。これらの栄養素のおかげで、ココナッツミルクが体の健康に利益をもたらすことができるのは驚くべきことではありません。

母親は、幼い子供が生後6か月のときから、おいしいココナッツミルクを紹介することができました。ココナッツミルクは、母乳を補完する食品の脂肪源として優れています。母親はココナッツミルクをお粥や肉と混ぜたり、バナナのコンポートソースを作ったりすることができます。

ココナッツミルクには、体を感染から守ることが知られている飽和脂肪酸であるラウリン酸が含まれています。ココナッツミルクの栄養素は、免疫システムを強化する抗酸化物質としても機能するため、感染症や病気の原因となる細菌に対して体が強くなります。

さらに、ココナッツミルクに含まれるビタミンB3は、体の代謝率を高め、エネルギーを増やし、健康な循環系と神経系を維持することができます。

お子様が生後12か月以上の場合は、ココナッツミルクをミルクの代わりに使用できます。この代替手段は通常、牛乳アレルギーまたは乳糖不耐症の子供に使用されます。骨や歯の形成をサポートできるように、カルシウムで強化されたココナッツミルクから乳製品を選択してください。

赤ちゃんにココナッツミルクを与える前に考慮すべきこと

ココナッツミルクは赤ちゃんが安全に摂取できる食品ですが、赤ちゃんに与える前に注意が必要なことがいくつかあります。

母乳育児をココナッツミルクのミルクに置き換えないように注意してください。この飲み物には赤ちゃんが必要とする栄養素が含まれていますが、提供されるすべての栄養素が母乳と同じであるとは限りません。

また、ココナッツミルクにはかなりの量の飽和脂肪が含まれていることを忘れないでください。さらに、一部のパッケージ化されたココナッツミルク製品には人工甘味料が追加されています。飽和脂肪酸と砂糖を過剰に摂取すると、実際にはあなたの小さな人の健康に悪影響を与える可能性があります、パン。

したがって、ココナッツミルクは、頻度が高すぎない限り、赤ちゃんに与えることができます。ココナッツミルクで食品を加工する場合は、パッケージ化されたココナッツミルクを使用する代わりに、独自のココナッツミルクを作成することもお勧めします。

赤ちゃんにココナッツミルクを摂取することの安全性やその他の補完的な食品についてまだ質問がある場合は、遠慮なく医師に相談してください。