家族

お母さん、さあ、子供たちが静かである理由を知ってください

大人と同じように、子供も性格が異なります。 静かな子供たちはしばしば群衆から離れ、一人でさまざまな活動をするのがより快適になります。これは正常ですか、それは何が原因ですか?

すべての子供は異なる性格と気質で生まれるので、静かな子供を持つことはあなたが心配するべきものではありません。ただし、この状態で子供がシャットダウンし、家族と周囲の環境の両方で感情を抱くようになる場合は、警戒する必要があります。

なぜ子供は沈黙しているのですか?

お団子、子供たちが静かな性質を持っているか、彼らが前にいなかったときに突然静かになる原因となる可能性があるいくつかの理由があります。それらのいくつかは次のとおりです。

1.恥ずかしがり屋

恥ずかしがり屋は、子供の頃から持つことができる特性の1つです。ですから、特に新しい人に会うとき、あなたの子供が恥ずかしがり屋で静かになるのは普通のことです。通常、彼は他の人と交流し、知り合いになりたいと思うために、より多くの時間とガイダンスを必要とします。

恥ずかしがり屋は、落ち込んだ気分になり、日常生活に支障をきたす場合に問題になる可能性があります。たとえば、恥ずかしがり屋なので、家を出たり学校に行ったりすることを恐れています。その高い恥のために、母親の赤ちゃんは、彼を不快にさせる場所にいるとき、より静かになります。

2. 内向性

あなたの子供が静かである理由の1つは彼が個性を持っているからかもしれません 内向性。する子供 内向性 多くの社会的交流の後で疲れを感じやすく、彼の社交的なエネルギーを取り戻すために一人で静かな時間を必要とします。

母親は覚えておく必要があります、内向的な性格は人の社会的機能の障害ではありません。だから、それは子供を意味するものではありません 内向性 友達ができませんね彼らは実際には強くて深い関係を築くことができる傾向がありますが、彼に適しているのは少数の友人だけです。

あなたの子供が時々社交に積極的になることができるが、時には静かで一人でいることを好むと感じるなら、それは彼が野心的な性格タイプを持っている可能性があります。

3.心的外傷

衝撃的な出来事や他人からの有害な治療は、子供の性格を静かに変える可能性があります。最も簡単な例は、子供がしばしば叱られるときです。

叱られることが多すぎると、子供たちは静かになり、他の人と集まるのを嫌がります。なぜなら、彼は他の人に悪いことをすると思っているからです。その結果、子供たちは不安になりがちで、一人でいることを好みます。

4.言葉の遅れがある(言葉の遅れ)

静かな子供はまた、彼のスピーチの遅れの結果である可能性がありますまたは 言葉の遅れ。それを引き起こす可能性のある障害の1つは精神遅滞です。

この状態を経験すると、子供は他の人が言っていることを理解したり、言いたいことを伝えたりするのが困難になるため、自分の言っていることを理解していない人よりも黙っていることを好みます。

静かな子供に社交をさせる方法

静かな子供たちは、他の人との付き合いが難しいと感じるかもしれません。彼を助けるために、あなたが適用できるいくつかのヒントがあります。そうすれば、彼はしばしば一人ではありません。

  • 多くの場合、彼を招待し、家族、隣人、仲間と一緒に集まるように同行します。
  • 一人でいる時間を持つことは良いことですが、他の人と交流することも社会的関係を構築するために重要であることをあなたの子供に理解させてください。
  • 頻繁に子供たちをチャットに招待し、彼が好きなトピックで感情を表現します。
  • あなたの子供にもっと注意を向け、頻繁に叱らないでください。
  • 家の内外で常に子供たちをさまざまな活動に参加させてください。これは彼がただ部屋にとどまらないようにトリガーすることができます。

静かな子供を持つことは悪いことではありません。実際、静かな子供はより注意深い性格を持ち、より深く考え、他人を理解するかもしれません。

しかし、子供の静かな性質が異常であると考えられ、他の活動を行うのが困難であると考えられる場合、またはイベントの後に突然または明白な理由もなく来る場合は、子供の心理学者に子供の状態を相談して正しいことを確認することをお勧めします解決。