健康

手遅れになる前に弱い心臓を防ぎます!

弱い心臓または心不全は心不全と呼ばれることがあります。多くの人が心不全や心臓の衰弱が症状だと考えています いつ 心臓がまったく機能していない,しかし 意味 y真実は、心筋が弱まり、体全体に効果的に血液を送り出すことができないということです。この状態はうっ血性心不全としても知られています.

心不全の状態は、特にそれが進行した段階に入った場合、以前のように常に回復するとは限りません。初期の段階では、この心臓の衰弱の症状と影響はまだ感じられないか、最小限です。

しかし、治療せずに放置すると、この病気はより深刻な段階に進行し、患者は日常の活動を行うことが困難になる可能性があります。しかし、患者が生活の質を改善し、長生きできるように、この状態を制御および予防することができます。

心不全予防策

心不全または心臓の衰弱は、次の方法で防ぐことができます。

  • NS危険因子を認識する 弱い心

    うっ血性心不全または心臓の衰弱は、根本的な状態または危険因子を制御することによって防ぐことができます。これらの条件は次のとおりです。

-冠状動脈性心臓病。心臓の血管に脂肪が蓄積するために動脈が狭くなります。

- 高血圧。血圧が高い場合、体全体に血液を循環させる心臓の働きはさらに困難になります。時間の経過による影響は心臓を弱くします。

不整脈は、心臓の電気的活動の問題により、心拍のリズムが乱れる状態です。

-心臓弁膜症。心臓弁は、心臓から送り出される血液の逆流を防ぎます。心臓弁に問題がある場合、時間の経過とともに心臓が弱くなる可能性があります。

-肥満。太りすぎの人は、心臓が弱くなるリスクが高くなります。

-感染による心筋の損傷(心筋症);先天性心疾患;アミロイドーシスや結合組織障害などの特定の疾患;薬物乱用およびアルコール飲料の過度の消費;および特定の化学療法薬の副作用。

  • 相談するイニシアチブを取る 医者

    心不全や心臓の衰弱につながるリスクがある場合は、すぐに医師に相談してください。医師は継続的にあなたの心臓の状態を監視するのに役立ちます。また、より健康的なライフスタイルを送るか、処方薬を服用し始める必要があります。

  • 食べることに慣れる 健康食品

    健康的な食べ物を食べて健康な体を維持することは、心臓がより激しく働くのを防ぐことができます。野菜、果物、全粒穀物または全粒穀物、健康的な脂肪、赤身の肉を原料とする健康食品の摂取を優先します。

  • NS塩分摂取量を減らす

    塩の性質は、体内の過剰な水分を吸収することです。これにより、血圧が上昇し、心臓がより激しく働くようになります。これからは、食事中の塩分摂取量を減らしてください。

  • 喫煙習慣をやめる

    心不全や心臓の衰弱を避けたい場合は、喫煙をやめてください。喫煙しない人は、間接喫煙にさらされないようにする必要があります。能動喫煙者と受動喫煙者は、血圧が上昇して心臓が弱くなるリスクがあります。

  • 定期的な運動

    血液循環を改善し、心臓を強化するには、運動をするか、定期的に運動してください。健康的なパターンと組み合わせた定期的な運動も、理想的な体重を維持するのに役立ちます。体調に合った運動プログラムについては、医師にご相談ください。

  • NSストレス管理

    ストレスや否定的な感情には、不安、怒り、悲しみなどがあり、血圧が上昇します。結局、あなたは心不全や心臓の衰弱を経験する可能性があります。このような状態を予測するために、例えば楽しいリラックスした活動をしたり、趣味をしたりすることによって、ストレスをうまく管理するようにしてください。

  • 十分な休息

    十分な休息はあなたの体と心も休ませます。大人の最適な睡眠時間は1日7〜9時間です。睡眠に問題がある場合は、医師に相談して適切な治療を受けてください。

心不全や心臓の衰弱は深刻な病気です。ただし、上記のいくつかのことは、心臓が弱くなるリスクを減らし、状態が悪化するのを防ぐことができます。手遅れになる前に、あなたの心を愛し、できるだけ早く予防措置を講じてください。