健康

結合組織はこれらの病気の影響を受ける可能性があります

人間の結合組織は、体にその形を与える接着剤のようなものです。さらに、結合組織が実行できる別の機能は、位置を維持し、体内のすべての臓器の働きをサポートすることです。ただし、結合組織が特定の病気にかかっている場合、これらのさまざまな機能が中断される可能性があります.

結合組織は筋骨格系の一部です。結合組織は、コラーゲンとエラスチンの2種類のタンパク質組織で構成されています。腱(静脈)、靭帯、軟骨、脂肪組織、リンパ組織(リンパ管)、皮膚、血液、および固形骨は、結合組織の一部です。幅広い機能と役割を考えると、最適に機能し続けるためには結合組織を維持する必要があります。

さまざまな結合組織病

以下は、結合組織の機能に影響を与える可能性のあるいくつかの病気です。

  • 関節リウマチ

    関節リウマチ 結合組織の機能を低下させる可能性のある病気です。この病気は、体の免疫系が関節の内側を覆う薄い膜を攻撃することによって引き起こされます。その結果、患者は関節の痛み、こわばり、および関節の熱と腫れを経験します。さらに、現れる可能性のある他の症状は、発熱、食欲不振、貧血、および倦怠感です。すぐに治療しないと、この病気は関節への永久的な損傷という形で合併症を引き起こします。

  • 全身性エリテマトーデス(全身性エリテマトーデス/ SLE)

    結合組織の機能を低下させる可能性のある別の疾患は、全身性エリテマトーデスまたはSLEです。全身性エリテマトーデスは、体の免疫系が健康な組織を攻撃し、関節、皮膚、腎臓、脳などの体のさまざまな臓器に障害を引き起こす慢性自己免疫疾患の一種です。 15〜44歳の女性はこの病気にかかりやすいです。狼瘡の人が感じる症状には、顔や全身の皮膚の発疹、日光にさらされた後の皮膚の炎症、脱毛、神経障害、集中力の低下、貧血、腎臓障害などがあります。

  • 強皮症

    強皮症 は、皮膚の肥厚と硬化、瘢痕組織の形成、および臓器の損傷を特徴とする免疫系障害です。この病気は、感染から体を保護する免疫系があなた自身の体を攻撃したときに発生します。

    強皮症 ローカルと全身の2つのタイプに分けられます。それが皮膚組織でのみ発生する場合、この状態は次のように分類されます 強皮症 ローカル。一方、皮膚、下層組織、血管、主要臓器に影響を与える場合、この状態は次のように分類されます。 強皮症 体系的または包括的。

  • 血管炎

    血管炎は血管の炎症であり、血管壁の変化を引き起こします。これには、瘢痕組織の形成に至るまで、衰弱、肥厚、狭窄が含まれます。この状態を特徴とする20種類以上の病気があります。血管の炎症を伴うため、この病気は体の他の臓器や組織への血流に影響を与える可能性があります。

  • 混合性結合組織病

    混合性結合組織病は、一緒に発生する結合組織病のグループを説明するためによく使用される用語です。現れる症状は、狼瘡などのさまざまな結合組織病の症状の混合物です。 強皮症, 多発性筋炎 また 皮膚筋炎、 としても 関節リウマチ。 55歳以上の女性はこの病気にかかりやすいです。この病気に冒されている人の中には、軽度の症状しか感じない人もいます。ただし、他の人は重度の症状を経験する可能性があります。

結合組織に異常を示す200以上の病気や状態があります。引き起こされる可能性のある影響は、軽度の痛みから呼吸器系の問題、身体の結合組織構造への永続的な損傷までさまざまです。したがって、結合組織に関連する苦情を経験した場合は、適切な検査と治療を行うことができるように、すぐに医師に相談する必要があります。