健康

赤ちゃんにとってのスイカの利点を知る

スイカを赤ちゃんに与えることはできますか?彼が生後6か月以上であれば、もちろんできます。さわやかであることに加えて、スイカは非常に栄養価が高く、健康に有益な果物です。 来て、 あなたがあなたの子供のためにこの果物の利点を知るために、以下の説明を見てください。

スイカには、ビタミンA、ビタミンB複合体、ビタミンC、カルシウム、マグネシウム、鉄、リンなど、赤ちゃんの成長と発達に重要なさまざまな栄養素が含まれています。

また、食感は硬くなく、水分が多いので、食べたばかりの赤ちゃんにも食べやすい一品です。ですから、スイカを果物の選択肢の1つとして、離乳食の補完食品として作るのは間違いではありません。

赤ちゃんのためのスイカの利点

以下は、赤ちゃんのためのスイカの利点のいくつかです:

1.体液レベルを維持する

スイカは水分を多く含む果物です。すでに固形になっている赤ちゃんがスイカを食べると、水分の十分性が満たされます。これは、赤ちゃんが脱水症状を避けるのに役立ちます。

2.目の健康を維持し、免疫システムを強化します

スイカはさまざまなビタミンが豊富な果物です。たとえば、この果物に含まれるビタミンAの含有量は、赤ちゃんの目の健康に良いものです。ビタミンCの含有量は、赤ちゃんが必要とする鉄の吸収を助けることができますが。さらに、スイカに含まれるビタミンA、B6、Cは、免疫システムを強化し、お子様の肌を健康に保つ役割を果たします。

3.便秘を防ぎます

スイカは、固形物を出し始めた赤ちゃんの便秘を防ぐのにも役立ちます。これは、水分と繊維が含まれているためです。

4.心臓の健康を維持する

スイカも含まれています シトルリン リコピン これは心臓の健康を維持するのに良いです。補完的なフードメニューとして定期的に摂取すれば、もちろんこれらのメリットは赤ちゃんにも得られます。

スイカを赤ちゃんに与える正しい方法

スイカは赤ちゃんが食べるのに良い果物ですが、それでも適切な方法で適切なタイミングで与える必要があります。あなたの子供は、6か月の年齢を過ぎた後、マッシュポテトの形で果物を与えることができます。また、彼がすでに十分な歯を持っていて、食べ物をよく噛むことができることを確認してください。

初めて赤ちゃんにスイカを与えるときは、他の食品と混ぜないでください。さらに、あなたの子供がこの果物を噛んで飲み込みやすくするために、あなたはそれを細かく切るか、最初にそれをすりつぶすことができます。

そのさまざまな利点にもかかわらず、スイカは果糖が豊富です。このコンテンツは、鼓腸や便秘などの消化器疾患を引き起こす可能性があります。スイカを食べた後にこれらの症状が出た場合は、すぐに子供を医者に連れて行ってください。

適切に与えられれば、スイカが赤ちゃんの健康に非常に有益であることは間違いありません。 来て、 これからこの新鮮でおいしい果物をあなたの子供に紹介してください