健康的な生活

体の健康のための催眠術の利点

hの利点催眠術 多くあり、この手法は治療法として広く利用されています。さらに、催眠術は、頻繁な喫煙やアルコール飲料への依存など、人生の悪い習慣を減らしたり止めたりするのにも役立ちます。

催眠術または催眠療法は、患者の心が前向きな提案をより簡単に受け入れることができるように、完全な注意と集中力を高めるために実行される療法です。

一見催眠術をかけられている人は眠っているように見えますが、実際には彼らは目を覚ましていて非常に集中していて、潜在意識にアクセスすることができます。このフェーズでは、シータ波およびデルタ波と呼ばれる脳波のフェーズにも入ります。

催眠術をかけると、患者は、催眠療法士に抑制された否定的な感情、傷ついた内面のストレス、悪い習慣、または外傷性の出来事を表現しやすくなります。

したがって、催眠療法を行うセラピストまたは医師は、患者が経験している苦情または問題に関連する悪い行動または認識を変えるように患者を導くことができます。

健康上の問題を克服するための催眠術のさまざまな利点

医学的および心理学的分野では、催眠術は、精神障害を含む特定の愁訴および障害を治療するための治療法または支持療法として使用することができます。

あなたが知ることが重要である催眠術の様々な健康上の利点はここにあります:

1.痛みを軽減する

催眠術は、痛みを軽減するための追加の治療法として非常に一般的に使用されています。

いくつかの研究は、この治療法が、頭痛や片頭痛、腰痛、神経の圧迫、怪我、火傷、関節炎、線維筋痛症などの痛みの治療における鎮痛剤の有効性をサポートできることを示唆しています。

2.dを克服する勃起不全

催眠術はまた勃起不全を治療するのに使用することができます。研究によると、勃起不全またはインポテンスのある男性は、催眠術を受けた後、勃起および性的能力を維持する上で改善を経験する可能性があります。

ただし、勃起不全の問題がある場合でも、医師が原因に応じて勃起不全の適切な治療を提供できるように、医師の診察を受ける必要があります。

これは、勃起不全は多くの原因によって引き起こされる可能性があり、催眠術だけでは治療できないためです。

3.私ストップkNS

いろいろな方法を試しましたが、それでも禁煙が難しいと感じましたか?もしそうなら、多分あなたは催眠術を試すことができます。

この治療法を通じて、医師または催眠療法士は患者の提案を強化し、喫煙を避け、喫煙のさまざまな危険性を認識できるようにします。

催眠術は、喫煙をやめるのに役立つだけでなく、アルコール飲料を頻繁に飲んだり、薬を使用したりするなど、患者が他の悪い習慣をやめるのを助けるためにも使用できます。

4.心的外傷後ストレス障害(PTSD)の克服に役立ちます

PTSDを経験する人々は、しばしば不安、恐れ、パニックを感じ、睡眠に問題があり、彼らが経験したトラウマ的な出来事を覚えていることがよくあります。治療せずに放置すると、この問題は彼らの活動と生産性を妨げる可能性があります。

これらの障害を克服するために、医師は薬物療法や心理療法、さらに催眠術などの支持療法を提供することができます。

催眠術を通して、医師または催眠療法士は、患者がPTSDの引き金となる要因を見つけるのを助け、悪い経験に直面しても患者が落ち着いて強く感じることができるように提案を提供します。

5.d治療の有効性をサポートしますうつ

催眠術もうつ病に役立ちます。この治療を受けることにより、落ち込んでいる患者は、彼らが彼らの隠された感情と内面の重荷を共有するために落ち着いて感じることができるように導かれ、導かれます。

催眠術は、抗うつ薬や心理療法の使用など、うつ病を治療する他の方法の有効性にも役立ちます。

6.不安障害や恐怖症を克服するのに役立ちます

全般性不安障害、パニック発作などの不安障害、および社会恐怖症、広場恐怖症、特定の恐怖症などのさまざまなタイプの恐怖症は、患者が他の人と対話することを困難にする可能性があります。

患者は一般的に精神科医からの投薬と心理療法を受ける必要があります。しかし、それとは別に、催眠術はこれらの精神障害の治療をサポートするのにも役立ちます。

この療法を通して、患者はよりリラックスして落ち着きやすいと感じるための提案を与えられ、恐怖症や不安障害の引き金に対処するときに前向きに考えることができます。

7.心身症の克服

催眠術のもう一つの重要な利点は、心身症の治療をサポートすることです。催眠術を通して、医師や催眠療法士は、患者の心身症を引き起こすストレスや感情的な傷に対処するのを助けることができます。

催眠術の利点は、特定の健康問題を克服するのに効果的であると考えられています。ただし、誰もがそれを生きるのに適しているわけではないことを覚えておいてください。

催眠療法は、急性精神病を経験している、妄想的である、または薬物やアルコールの影響下にある人々には適していない可能性があります。さらに、催眠術は、薬物の使用、心理療法、認知行動療法などの他の療法の役割を置き換えることもできません。

したがって、催眠術を受けることを決定する前に、まず医師に相談する必要があります。これは、医師があなたが経験している病気の診断を確認し、適切な治療法を決定できるようにするために重要です。