健康

注目しなければならない身体へのうつ病の影響

うつ病は精神状態に悪影響を与えるだけでなく、患者の身体的健康にも影響を及ぼします。発生する悪影響は、消化器系の問題から心臓病までさまざまです。

うつ病は、患者の感情、考え方、行動に影響を与える可能性のあるメンタルヘルス障害です。うつ病を経験する人々は、人生に熱心でなく、絶えず悲しみ、絶望的であり、自殺についてさえ考える傾向があります。

うつ病が体に与える影響

うつ病が患者に与える悪影響は甚大です。この精神状態は、精神的に損傷を与えるだけでなく、次のような身体的不満を引き起こす可能性もあります。

1.消化器系の問題

うつ病は消化器系の問題と密接に関連しています。うつ病の人は通常、食欲の増減を経験します。消費された食物の投与量と栄養も考慮されていませんでした。

その結果、うつ病の人は、腹痛やけいれん、便秘など、さまざまな消化器系の問題を起こしやすいです。 過敏性腸症候群、および潰瘍性大腸炎。また、肥満や栄養失調のリスクがあり、重度の状態では老人性食欲不振症を発症する可能性があります。

2.性的欲求の低下

うつ病はまたあなたの性生活を台無しにすることができます。 ほら。うつ病の人は性欲減退の傾向があるので、性的活動に従事することに抵抗を感じたり、セックス中に喜びさえ感じません。

さらに、うつ病はまた、無オルガスム症またはオルガスムへの到達の困難および勃起不全を引き起こす可能性があります。

3.脳機能障害

海馬や前頭前野などの脳の特定の部分は、人が落ち込んでいるときに収縮する可能性があります。脳のこの部分を縮小することの影響は、記憶、記憶の保存、意思決定、および感情の処理能力の低下です。

さらに、うつ病は扁桃体と呼ばれる脳の一部を過労させる可能性もあります。扁桃体の変化は、うつ病の人の睡眠パターンと活動に影響を与えます。 今、 不眠症などのうつ病の人の睡眠障害も、他の健康上の問題を引き起こす可能性があります。

4.心臓の問題

人が落ち込んでいるときに放出されるストレスホルモンは、心臓の鼓動をどんどん速くすることができます。長期間放置すると、この状態は心臓病のリスクを高めます。それらの1つは、致命的となる可能性のある冠状動脈性心臓病です。

5.免疫力の低下

うつ病は、健康的なライフスタイルを送る人のモチベーションを低下させる可能性があります。これにより、体のエネルギーが不足し、免疫力が低下します。体の免疫力が弱まると、体はウイルスやバクテリアと戦うことができなくなり、病気にかかりやすくなります。

上記の健康上の問題に加えて、うつ病はまた、頭痛、痛みまたは脱力感、および長期間持続し、治療によって改善されない痛みを引き起こす可能性があります。

上記の説明から、うつ病は軽く取ることができる健康上の問題ではなく、すぐに治療しなければならないことを覚えておくことが重要です。無視すると、うつ病の人の生活の質は精神的にも肉体的にも悪化します。

うつ病の症状を経験した場合は、すぐに心理学者または精神科医に相談する必要があります。うつ病を克服するために推奨される努力をしてください。そうすれば、ゆっくりと健康で幸せな生活を送ることができます。