家族

妊娠中の女性の食欲を高めるための7つのヒント

食欲不振を訴える妊婦も少なくありません。実際、妊娠中の女性は、自分の体や胎児の栄養ニーズを満たすのに十分な栄養価の高い食品を摂取する必要があります。妊娠中の女性が食欲不振を感じたら、この記事で妊娠中の女性の食欲を増進するためのヒントを試してみましょう。

妊娠中の食欲不振は、一部の妊婦が経験する自然なことです。原因もさまざまで、ホルモンの変化から、 つわり、ストレス、妊娠中の女性が消費する可能性のある薬の副作用。

この食欲の変化は妊娠初期によく見られますが、妊娠期間が遅い妊婦もそれを経験する可能性があります。

妊娠中の女性の食欲を高めるためのヒント

妊娠中の食欲不振は一般的ですが、この状態が続くことは許されるべきではありません。その理由は、長時間放置したり、適切に取り扱わなかったりすると、妊娠中の女性や胎児が栄養失調になる可能性があるためです。

実際、適切な栄養は、妊婦とその胎児の健康とその成長と発達に非常に重要な役割を果たしています。

妊娠中の食欲を増進するために、妊娠中の女性は以下のヒントのいくつかを試すことができます:

1.好きな食べ物を選んでください

妊婦の食欲を増進させる一つの方法は、妊婦が好きな食べ物を食べることです。しかし、それは妊婦が不用意に食べ物を食べるという意味ではありませんよね?

妊娠中の女性は好きかもしれませんが ジャンクフード またはアイスクリームやケーキなどの甘い食べ物でも、妊娠中の女性は、妊娠中の女性とその胎児に栄養を提供できる栄養価の高い食品を優先する必要があります。

2.少量を食べるが、頻繁に食べる

吐き気を減らし、食欲を改善するために、妊娠中の女性は少量を食べるべきですが、頻繁に食べます。

妊娠中の女性が吐き気を催し、嘔吐する可能性があるため、一度に大量の食物を摂取することは避けてください。その結果、消費された食物が無駄になり、その中の栄養素が妊婦の体や胎児に吸収されなくなります。

さらに、妊娠中の女性は、次のような健康的なスナックで日替わりメニューを補完することもできます ヨーグルト、さまざまな果物、ナッツ、チーズ。

3.代替食品を探す

妊娠中の女性が特定の食品に対する食欲を失った場合は、妊娠中の女性にアピールする他の食品を選択してください。たとえば、妊娠中の女性が退屈している場合や、炭水化物を多く含む米を食べる意欲がない場合、妊娠中の女性はそれらをパン、ジャガイモ、サツマイモ、米などの他の食品に置き換えることができます。 オートミール.

4.メニューをより多様にする

同じ食べ物を何日も続けて摂取すると、妊娠中の女性は確かに退屈し、食欲を減退させる可能性があります。

妊娠中の女性が喜んで食べることにワクワクするように、メニューを毎日より多様にするようにしてください。ただし、妊娠中の女性が作るメニューに栄養価の高い食べ物が含まれていることを確認してください。

5.臭いの強い食べ物に近づかないでください

食欲がそれ以上低下しないように、妊娠中の女性は、辛い食べ物、ペタイ、ジリンマメ、玉ねぎ、エビのペーストなど、香りの強い食べ物に近づかないようにすることをお勧めします。

それらは非常に強い香りを持っているので、これらの食品のいくつかは実際に妊娠中の女性に吐き気と嘔吐を感じさせ、それが妊娠中の女性に食べる食欲を持たせないようにする可能性があります。

6.定期的に運動する

運動するとき、体はエネルギー源としてカロリーを燃焼します。さて、カロリーを消費すると、妊婦の食欲が増します。これは、食物からエネルギーと栄養素を得るための体の自然な反応であり、体がエネルギーを欠くことはありません。

運動は食欲増進だけでなく、妊婦や胎児にも効果があります。ただし、ヨガ、水泳、のんびりと散歩、妊娠中の運動など、安全で妊娠中に行うことができる運動の種類を選択してください。

7.ストレスを減らす

過度のストレスは食欲を低下させる可能性があります。したがって、より食欲をそそる妊娠中の女性は、ストレスを軽減し、それをうまくコントロールする必要があります。

妊娠中のストレスに対処するためにできることはたくさんあります。つまり、十分な睡眠をとる、入浴する、温かいお風呂に入る、またはただリラックスする時間をとることです。 私の時間.

これらはあなたが知る必要がある妊婦の食欲を高めるためのいくつかのヒントです。上記の方法を適用することに加えて、妊娠中の栄養ニーズを完了するために、妊娠中の女性はまた、医師の推奨に従って定期的に出生前のビタミンを摂取することをお勧めします、はい。

胎児の健康と発育を良好にするために、妊娠中の女性は妊娠中に理想的な体重増加を維持する必要があります。妊娠中の女性が上記のヒントを適用しても食欲がない場合、特に妊娠中の女性が体重を減らすまでは、これについて産婦人科医に相談する必要があります。