家族

注意してください、これは妊娠中の栄養失調の兆候です

妊娠中の栄養摂取に適切に注意を払わないと、栄養失調につながる可能性があります。この状態は、妊娠中の女性や胎児の健康を危険にさらす可能性があるため、軽視すべきではありません。これを予測するために、妊娠中の女性は妊娠中の栄養失調の兆候が何であるかを認識する必要があります。

妊娠中の栄養失調は、一般的に、妊娠中の女性の栄養ニーズが長年にわたって満たされていない結果です。貧しい食生活、過度の吐き気と嘔吐または妊娠悪阻に加えて、若い年齢での妊娠、経済的困難、または支えのない家庭の状態でさえ、妊婦が栄養失調を経験する原因となる可能性があります。

妊娠中の栄養失調の兆候

はい、妊娠中、妊娠中の女性は体に起こる不自然な変化に注意を払う必要があります。栄養失調の兆候である可能性があり、妊娠中の女性とその子宮内の子供たちの健康に悪影響を与える可能性があります。

以下は、妊娠中の女性が注意する必要がある妊娠中の栄養失調の兆候です:

1.重量が増えない

理想的には、妊娠中の女性は在胎週数の増加とともに体重増加を経験するでしょう。ただし、体重が増えない、または減らない場合は、妊娠中の女性は警戒する必要があります。妊娠中の女性が栄養失調である可能性があります。

体重の他に、妊娠中の女性の栄養の適切さも上腕の周囲から見ることができます。上腕のサイズが23.5cm未満の妊婦は、栄養失調に分類されます。したがって、妊婦の上腕囲がその数よりも少ない場合は、妊婦の栄養ニーズが満たされていない可能性があります。

2.貧血

血液の不足や貧血も、妊婦が十分な栄養摂取をしていないことを示している可能性があります。貧血は、妊娠中の女性が鉄と葉酸を欠いている場合に発生する可能性があります。これらは、体全体と子宮内の胎児に酸素を運ぶために重要な栄養素です。

妊娠中の女性が貧血から認識できる症状には、疲労感、息切れ、頻繁なめまい、動悸、集中力の低下、皮膚、唇、爪の蒼白などがあります。

3.心理的な問題

ある研究によると、妊娠中のオメガ3脂肪酸の摂取量が不足すると、妊娠中の女性は、悲しみ、無価値、罪悪感を持ち続け、感情をコントロールできなくなるなど、うつ病などの症状を示す可能性があります。したがって、妊娠中の女性がこれらの症状を経験した場合、適切な栄養摂取がそれらを克服できる可能性があります。

4.簡単に病気になります

栄養失調の妊婦は、免疫システムを強化するために必要な栄養摂取量が得られないため、通常、病気にかかりやすくなります。最後に、病気の原因となるウイルス、細菌、真菌、寄生虫は攻撃しやすくなります。

妊娠中の女性は、栄養上のニーズを満たすことが、赤ちゃんの誕生を歓迎するための最良の準備です。良い栄養で、子宮の中の小さなものは完全に成長し、成長します。さらに、将来の出産、障害、または慢性疾患の合併症のリスクを減らすことができます。

健康な妊娠を実現するために、妊娠中の女性が常に完全な栄養価の高い食品を摂取し、定期的に妊娠チェックを実施するようにしてください。妊娠中の女性が上記の栄養失調の兆候を経験した場合は、すぐに医師に相談して適切な治療を受けてください。