家族

妊婦の脚気とその予防方法

妊娠中の女性の脚気は、過度の吐き気と嘔吐が原因で発生する可能性があります。この状態は、ビタミンB1またはチアミンの摂取量の不足によって引き起こされる可能性があります。すぐに治療しないと、脚気は母親と赤ちゃんの両方の安全を危険にさらす可能性があります。

脚気は、体内のビタミンB1またはチアミンの不足が原因で発生します。脚気には、心臓や循環器系を攻撃する湿性脚気と、神経や筋肉の障害を引き起こす乾性脚気の2種類があります。

この病気は一般的に1〜4歳の子供に発生します。しかし、妊娠中の女性を含め、大人もそれを体験することができます。

妊婦の脚気病

妊娠中の女性に推奨されるビタミンB1の摂取量は1日あたり1.4ミリグラムです。体がこの栄養素を欠いている場合、妊娠中の女性は脚気に苦しむリスクが高くなります。

ビタミンB1は脚気を予防するだけでなく、胎児の脳、神経系、筋肉、心臓の発達にも重要な役割を果たします。さらに、このビタミンは炭水化物をエネルギーに変換することもできるので、妊娠中に体が弱くなることはありません。

脚気病は一般的に、主な炭水化物源が白米である国で発生します。これは、白米がビタミンB1が豊富な米粒の繊維層を除去することによって処理されるために発生する可能性があります。

妊娠中の女性は、特に吐き気と嘔吐が過剰に発生する場合は、脚気に注意する必要があります。

妊婦の脚気症の症状

妊娠中の女性がビタミンB1が不足しているときに経験する可能性のある初期の症状、すなわち倦怠感、吐き気、頭痛がいくつかあります。チェックしないでおくと、ビタミンB1の非常に深刻な欠乏が脚気を引き起こす可能性があります。

以下は、妊婦によく見られる脚気の兆候です。

  • 発話困難および歩行困難
  • 手足がしびれを感じる
  • 筋肉が機能していないため、下肢が麻痺している
  • 錯乱 (精神錯乱)
  • 活動中の息切れ
  • 心拍数の増加
  • チクチクする
  • 足のむくみ
  • 脳の記憶障害
  • まぶたが下がる
  • 目が異常に動く

妊娠中の女性のためのビタミンB1の供給源

ビタミンB1のニーズを満たすために、妊娠中の女性が摂取できる食品には次のようなものがあります。

  • 全粒穀物、玄米、 オートミール
  • パン、シリアル、パスタ、小麦粉などの全粒穀物を含む製品
  • マスとマグロ
  • 牛肉
  • ナッツ
  • 野菜と果物

食物からビタミンB1のニーズを満たすことができないのではないかと心配している場合は、医師に相談して適切な妊娠サプリメントを入手してください。

脚気病が原因で発生する可能性のある合併症

脚気は、妊娠に加えて、アルコール中毒の人にとってもリスクが高くなります。これは、アルコールに含まれる化合物によって、体がビタミンB1を吸収しにくくなるためです。実際、非常にまれですが、この病気が遺伝することもあります。

脚気はまた、甲状腺機能亢進症、消えない下痢、HIV / AIDS、および透析中の人々を攻撃する可能性があります。

未治療の脚気は、ウェルニッケ・コルサコフ症候群、昏睡、精神病、心不全、さらには死など、より重篤な合併症を引き起こす可能性があります。しかし、病気が早期に発見されれば、治療と回復はより速くなります。

妊婦のビタミンB1欠乏症を検出するために、医師は身体検査と血液および尿検査を行い、体内のビタミンB1レベルを測定します。検査の結果がビタミンB欠乏症を示している場合、医師はビタミンB1サプリメントを提供します。

したがって、妊娠中の女性が上記のような脚気の症状を感じた場合は、すぐに医師に相談してください。また、妊娠中の女性や胎児の健康を維持するために、常に健康的な食事をとり、定期的に医師に妊娠を確認してください。