健康

悪いライフスタイルのために早期に変性疾患を取得する

不健康なライフスタイルは、変性疾患を含むさまざまな病気を発症するリスクを高める可能性があります。あなたは病気を避けるためにできるだけ早く健康的なライフスタイルを採用する必要があります。

変性疾患は一般に、体の細胞のパフォーマンスが徐々に低下することによって引き起こされ、それが一般的に臓器の機能に影響を及ぼします。ほとんどの変性疾患は、ウイルスや細菌ではなく、加齢によって発生します。悪いライフスタイルもこの病気のリスクを高めます。

変性疾患を発症するリスクを高める可能性のあるライフスタイルの要因は多様です。不健康な食べ物を食べるのが好きで、動きや運動が怠惰で、健康を妨げる習慣がある人は、変性疾患のリスクが高くなります。とりわけ健康を妨げる可能性のある習慣は、喫煙とアルコール飲料の過剰摂取です。

しばしば発生する変性疾患

いくつかの変性疾患は、悪い毎日の習慣によって引き起こされ、特定の臓器に障害を引き起こします。最も一般的な変性疾患のいくつかは次のとおりです。

  • 2型糖尿病

    2型糖尿病は一般に遺伝的要因の影響も受けるため、2型糖尿病の親の子供は自分自身をチェックし、ライフスタイル、特に食事をよりよく世話する必要があります。遺伝と年齢に加えて、座りがちな人、太りすぎの人、脂肪や炭水化物が豊富な食品を食べることに慣れている人など、特定の状態の人でも2型糖尿病のリスクが高まる可能性があります。このライフスタイルは、体内の血糖値を調節するためのシステムの障害を引き起こします。

  • 循環器疾患

    心血管疾患は一般に、アテローム性動脈硬化症として知られる、心臓につながる血管内の脂肪性プラークの蓄積によって引き起こされます。この蓄積は、体の組織や臓器への血流を遮断する可能性があります。この状態は、運動不足、不健康な食事、ストレス、喫煙など、さまざまな悪い習慣によって引き起こされる可能性があります。

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症は、骨の脆弱性を引き起こすビタミンD欠乏症に加えて、麻痺のある人や毎日活動が少ない人に発生しやすくなります。一日中、テレビを見たり、ラップトップの前で仕事をしたりすると、骨密度の低下が加速する可能性があります。長期的には、喫煙と飲酒も骨密度を低下させる役割を果たします。

  • 癌は一般的に体の細胞のDNAの突然変異によって引き起こされます。これらの遺伝子の突然変異は、親のDNAから受け継がれるか、後年に発生する可能性があります。遺伝子変異を引き起こす可能性のあるものはたくさんあります。つまり、喫煙、肥満、運動不足、発がん性物質(発がん性化学物質)を含む食品の摂取などの悪いライフスタイルです。

さらに、アルツハイマー病、血管性認知症、パーキンソン病など、脳の構造と機能の変化に関連する疾患も変性疾患です。これらの状態は遺伝的に受け継がれる可能性があり、人の記憶(痴呆)に影響を及ぼし、日常生活に支障をきたす可能性があります。

健康的なライフスタイルを実装する方法

健康的な生活を送ることで、変性疾患のリスクを幼い頃から防ぐことができます。これは、加工食品、特に赤身の肉やソーセージなどの高脂肪食品の消費を減らすことから始めることができます。野菜、果物、低脂肪肉など、体に必要なさまざまな栄養素が含まれている健康食品をお勧めします。

さらに、日常の活動の傍観者として活動することに慣れ、長時間座ってはいけません。コンピューターの前に座って過ごす労働者の場合は、昼休みを利用して友人の机で社交をしたり、オフィスの外で昼食をとったりして、体を活発に保ちます。エレベーターの使用を制限し、階段に切り替えることも健康的な生活を始めるための賢明なステップです。

体をより活発にするために、毎日少なくとも20分、または週に平均2.5時間の定期的な運動に慣れてください。あなたが中毒になり、やめるのが難しい前に、喫煙とアルコールを避けることを忘れないでください。

できるだけ早く健康的なライフスタイルを採用することで、変性疾患を最小限に抑えることができます。また、定期的に健康状態をチェックしたり、受けたりすることをお勧めします 医学調べる、病気をできるだけ早く診断して治療できるようにします。