健康

妊娠中に腸チフスを克服する正しい方法は次のとおりです

すべての薬が妊娠中の女性にとって安全であるとは限らないため、妊娠中のチフスの克服は慎重に行う必要があります。それでは、妊娠中の女性がチフスにかかった場合はどうすればよいでしょうか。この記事の説明をチェックしてください.

この病気は簡単に伝染する可能性があるため、妊娠中の女性はチフスにかかる可能性があります。妊娠中の女性は、細菌を含む糞便(尿または糞便)で汚染された食べ物や飲み物を食べると腸チフスになる可能性があります サルモネラ NSyphi.

妊娠中に腸チフスを克服する方法

腸チフスにさらされると、妊婦は一般に高熱(39ꟷ40℃)、頭痛、咳、食欲不振、吐き気、腹痛、便秘、倦怠感、皮膚の発疹の出現を経験します。腸チフスの症状は通常、体が感染してから1〜3週間で徐々に現れます。

妊娠中の女性がこれらの症状を経験した場合は、すぐに医師に連絡してください。医師は、腸チフスにかかっている可能性を判断するために、尿、便、血液の検査など、いくつかの検査を行います。

検査の結果、妊娠中の女性がチフスを患っていることを示した場合、医師は一般的に妊娠中の女性に次のようにアドバイスします。

1.抗生物質の服用

医師は、腸チフスの原因となる細菌を殺すのに役立つ抗生物質を処方します。医師の推奨事項、特に投与量と飲酒スケジュールに従って抗生物質を服用してください。

抗生物質を服用した後、喘鳴、咳、息切れなどのアレルギー症状が出た場合は、すぐに医師に相談してください。

2.十分な休息をとる

治療中は、妊娠中の女性が十分な休息をとることを確認してください。妊娠中の女性が睡眠に問題がある場合は、妊娠中の女性がより快適に感じるように、積み重ねた枕で妊娠中の女性の頭を支えてみてください。

3.食事を維持する

妊娠中の女性は、すぐに回復するために良い食事を維持する必要があります。妊娠中の女性が食べようとしているときに吐き気を感じる場合は、食事を少しずつ分けて数回摂取してみてください。そうすれば、嘔吐の発生を最小限に抑えることができます。

4.十分な水を飲む

次の妊娠中にチフスを克服する方法は、十分な水を消費することです。これは脱水症状を防ぐために行うことが重要です。

妊娠中の女性の腸チフスの取り扱いは迅速に行われなければなりません。手遅れになると、この病気は合併症を引き起こす可能性があり、流産につながる可能性さえあります。

腸チフスをすぐに治療しないと、妊婦が早産したり、低体重の赤ちゃんを出産したりするリスクも高まります。

腸チフスを予防する方法

妊娠中の女性がチフスを経験する前に、最初からチフスを予防することをお勧めします。妊娠中の女性がこの病気を回避するために、以下を含むいくつかの予防措置を講じることができます。

NS手を洗う 食べる前に

妊娠中の女性がチフスの発症を防ぐためにできる最も簡単な方法の1つは、食事の前とトイレから出た後に手を洗うことに慣れることです。妊娠中の女性は、公共交通機関に乗った後は必ず手を洗うことをお勧めします。

調理済み食品を食べる

腸チフスを防ぐために、妊娠中の女性は生の食品を摂取しないようにアドバイスされています。それから、家で作った食べ物や飲み物はもっときれいになる傾向があるので、食べてみてください。

消費する前に野菜や果物を洗う

妊娠中の女性が果物や新鮮な野菜など、調理する必要のない食品を食べたい場合は、細菌への暴露を防ぐために、最初にそれらを徹底的に洗うことを忘れないでください。 サルモネラ NSyphi。特に果物の場合は、消費する前にまず皮をむいてください。

飲料水は慎重に選んでください

ボトル入りのミネラルウォーターまたは沸騰するまで沸騰させた水を選択することをお勧めします。きれいにするのが難しい水から作られた氷は避けてください。

妊娠中の腸チフスを予防するためには、清潔で健康的な生活を送ることが非常に重要です。妊娠中の女性がチフスの症状を経験した場合は、すぐに医師に相談して適切な治療を受ける必要があります。