健康的な生活

母乳育児中の母親にとってのモリンガの葉の5つの利点を知る

妊娠中の女性だけでなく、授乳中の母親にとってのモリンガの葉の利点も、長い間一般の人々の間で知られています。さまざまな栄養成分が乳汁産生を増加させることが知られているので、赤ちゃんの成長と発達に適しています。

一般的に、母乳育児中の母親は、毎日の栄養摂取量を満たし、スムーズな母乳生産を確保するために、より多くのカロリーを必要とします。

これらの栄養素の摂取量を増やすために、授乳中の母親は、玄米、赤身の肉、卵、ナッツ、モリンガの葉などの果物や野菜など、バランスの取れた栄養価の高い食品を食べることをお勧めします。

モリンガの葉(モリンガオレイフェラ)には、ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンC、鉄、マグネシウムなど、さまざまなビタミンやミネラルが含まれていることが知られています。それだけでなく、モリンガの葉には授乳中の母親が必要とするアミノ酸と抗酸化物質も含まれています。

母乳育児中の母親にとってのモリンガの葉のさまざまな利点

その栄養成分のために、母乳育児中の母親にとってのモリンガの葉の利点もさまざまです。

1.母乳生産の開始

モリンガの葉は、母乳を滑らかにする食品として長い間知られています。母乳育児中の母親にとってのモリンガの葉の利点は、母乳の生産を刺激して開始することができるフィトレステロール化合物の含有量にあります。

ブスイは、モリンガの葉を消費することに加えて、あなたの子供をもっと頻繁に母乳で育てるか、母乳を汲み上げて母乳の生産を促進することもお勧めします。

2.持久力を高める

赤ちゃんの世話をするとき、特に出産後の最初の数週間は、ブスイは夜に起きたり、おむつを食べたり交換したりするために夜更かしすることがよくあります。このルーチンの変更には、Busuiが病気になったり疲れたりしにくいように、より強力な免疫システムが必要です。

さて、免疫力を維持するために、ブスイはビタミンCやモリンガの葉などの抗酸化物質が豊富な野菜を食べることができます。免疫力を高めることに加えて、授乳中の母親にとってのモリンガの葉の利点は、フリーラジカルへの曝露から体を保護することもできます。

3.健康な骨と歯を維持します

母乳育児中、ブスイは骨量密度を失い、骨粗鬆症を発症するリスクがあります。この状態を防ぐために、ブスイはカルシウム含有量が豊富なモリンガの葉を消費することができます。モリンガの葉は、歯の健康を維持するのに良いことでも知られています。

4.損傷した体組織を修復します

モリンガの葉に含まれるビタミンCの含有量は、授乳中の母親が産道の裂傷や会陰切開による創傷治癒過程を助けるのに役立つと考えられています。さらに、モリンガの葉は、特に帝王切開を受ける母親にとって、ケロイドの発生を防ぐこともできます。

5.貧血を予防する

母乳育児中の母親は、出産時の過度の失血や毎日の鉄分摂取量の不足により貧血になりやすい傾向があります。この状態は、倦怠感、脱力感、皮膚の青白さ、さらには息切れを特徴とする場合があります。

モリンガの葉などの鉄分が豊富な野菜を食べると、赤血球の生成が増加し、貧血を防ぐことができます。モリンガの葉にはビタミンCも豊富に含まれており、体内の鉄分を最大限に吸収することができます。

モリンガの葉の摂取は授乳中の母親に多くの利益をもたらしますが、その有効性と安全性を確保するためには、さらなる研究が必要です。

したがって、Busuiは、バランスの取れた栄養価の高い食品を食べ、体の水分の必要性を満たし、カフェインや炭酸飲料を避けることによって、栄養摂取のバランスを取ることをお勧めします。

牛乳の生産量が少ない、母乳がスムーズでないなどの問題がある場合は、遠慮なく医師に相談して、正しい方法や解決策を見つけてください。