家族

糖尿病の妊婦のためのヒント

妊娠中の糖尿病患者は服用する必要がありますNS健康に注意を払い、 割合 より定期的に血糖値。糖尿病の妊婦のためのこれらのヒントが適用されれば、母親と子供の健康を心配する必要はありません。

妊娠は妊婦にとっての課題となっています。特に、1型糖尿病であろうと2型糖尿病であろうと、将来の母親が糖尿病を患っている場合は、体の変化に対処する必要があるだけでなく、糖尿病の妊婦も血糖値の監視と制御に注意する必要があります。

妊娠中に血糖値を維持する方法

糖尿病の妊婦は血糖値を適切に維持・管理することが重要であり、それによって健康な赤ちゃんを出産する可能性が高まります。

さらに、妊娠中の血糖値の制御は、糖尿病による他の問題の発生率を減らすのにも非常に影響力があります。妊娠がスムーズに保たれるように血糖値を維持するための妊娠中の女性のためのいくつかのヒントは次のとおりです。

  • 妊娠する前に、まず医師に相談して、糖尿病が体に及ぼす影響を確認し、血糖値を維持する方法についてアドバイスをもらい、必要に応じて薬を変更し、その他の推奨事項を確認してください。
  • 妊娠中の方は、産科医、栄養士、専門医から始めて医師に相談してみてください。糖尿病の妊婦は、問題を早期に予防または発見するために、より頻繁に医師に相談する必要があります。
  • 妊娠検診または 出産前ケア胎児の成長と発達を監視するために、超音波検査や血液検査を含むことが必要になる場合があります。
  • 定期的に体の血糖値をチェックしてください。妊娠は体がより多くのエネルギーを必要とするようにし、血糖値は非常に急速に変化する可能性があります。したがって、妊娠中の女性は血糖値を頻繁にチェックすることをお勧めします。
  • 医師の指示に従って薬またはインスリンを服用してください。血糖値の低下が速すぎる場合は、甘いキャンディーなどの迅速な砂糖源の準備をすることを忘れないでください。
  • 健康的な食事をとることをお勧めします。医師は、血糖値の高低を防ぐために消費される食べ物や飲み物を規制するためのアドバイスを提供します。たとえば、野菜、果物、全粒穀物、肉、無脂肪乳製品、ナッツ、魚、葉酸を含む食品などです。これに関する糖尿病の妊婦のためのヒントは、血糖値の安定性を維持するために非常に重要です。
  • 妊娠中の運動は、少なくとも1日30分、週5日です。ただし、適切な運動の種類と強度を判断するには、最初に医師に相談する必要があります。

糖尿病の妊婦に起こりうる合併症

1型または2型糖尿病の妊婦の血糖値が制御されていない場合、子宮内の母親と赤ちゃんにさまざまな合併症を引き起こす可能性があります。これらの合併症には以下が含まれます:

  • 子宮内の赤ちゃんの体のサイズが本来よりも大きい(巨人児)、正常な出産を困難にする可能性があります。妊娠中の女性も帝王切開で誘発または出産する必要があります。
  • 出産直後は、赤ちゃんの血糖値が非常に低くなる可能性があります。
  • 赤ちゃんの体内のカルシウムとマグネシウムのレベルがバランスを崩している可能性があります。
  • 子宮内の赤ちゃんの臓器の形成に影響を与え、脳、脊椎、心臓、神経系に欠陥を引き起こします。
  • 流産
  • 赤ちゃんは早産するか、子宮の中で死にます。
  • 赤ちゃんは、心臓の問題や
  • 赤ちゃんは、後年、肥満や糖尿病を発症するリスクがあります。

さらに、発生する可能性のある他の合併症は子癇前症であり、妊娠中の女性に発作や脳卒中を引き起こす可能性があります。

したがって、健康を維持するためには、妊娠中の血糖値を管理することが重要であり、出産プロセスをスムーズに進めることができます。適切な治療を受けるために医師に相談してください。