家族

赤ちゃんの乾燥肌に対する保湿剤の利点をここで確認してください

なめらかでやわらかいのに、お肌に問題がないわけではありません。 K赤ちゃんの肌 まだとても若いさらにもっと 乾燥しやすい。

お子様の肌を乾燥させる原因のいくつか、つまり不適切なバスソープの使用、または衣服やおむつを洗うために使用される洗剤への刺激。乾燥肌とは別に、湿疹、真菌感染症、あせもなど、お子さんに発生する可能性のある他の肌の問題もあります。この状態では、治療に加えて、赤ちゃんはこれらの皮膚の問題に対処し、再発を防ぐのに役立つ保湿剤も必要になります。

赤ちゃんの肌に保湿することのさまざまな利点

赤ちゃんの肌は薄くて刺激を受けやすいので敏感肌ですが、赤ちゃんの肌もとても弾力があります。肌をしなやかに保つためには、赤ちゃんの肌のトラブルを適切に治療することが重要です。保湿剤を使用してそれらの1つ。

一般的に、保湿剤は乾燥肌を予防および治療し、敏感肌を保護し、肌の色調と質感を改善することができます。保湿剤は、皮膚の最外層に水分を保持することができます。さらに、保湿剤は、ほこりなどの異物から赤ちゃんの肌を保護する役割も果たします。

適切な保湿剤の選択

間違った製品を選択すると肌の問題を引き起こす可能性があるため、お子様に適した保湿剤を選択することは慎重に行う必要があります。乳幼児向けの製品は、刺激がなく、肌の自然なバランスを保護し、外側の保護層を維持できる柔らかい素材を使用する必要があります。

あなたの子供は、染料、香料、パラベン、およびを含まないスキンケア製品を必要としています フタル酸エステルなぜなら、これらの化学物質は赤ちゃんの健康に悪影響を与える可能性があるからです。あなたの子供のための保湿剤はエモリエント成分を使用することができます。この成分は、赤ちゃんの敏感で乾燥した肌に適しています。また、保湿剤入りの石鹸で赤ちゃんの肌が乾燥するのを防ぎます。

母親は赤ちゃんの保湿剤を購入する前に注意する必要があります。製品ラベルを注意深くお読みください。可能であれば、使用する製品に対するお子様の皮膚の反応をテストしてください。お子様の腕や脚の皮膚に少量塗布します。少なくとも24時間待って、その領域に発赤、かゆみ、痛み、鱗屑などの反応があるかどうかを確認します。

赤ちゃんの肌に保湿剤を使用するためのヒント

お子様に保湿剤を使用する方法は次のとおりです。

  • 入浴が終わったら、タオルで乾かし、すぐに保湿剤を塗ります。入浴直後に保湿剤を使用すると、肌の水分を閉じ込めて保湿します。
  • お子様の肌が非常に敏感で乾燥している場合は、保湿剤を1日2回使用してください。
  • 少量の保湿剤を体全体に、または体の乾燥した部分に塗布します。その後、赤ちゃんが快適に過ごせるように優しくマッサージします。

赤ちゃんの肌は大人の肌とは違うので、治療法が異なります。新生児は実際に毎日入浴する必要はありません。週に2〜3回の入浴が必要です。入浴が多すぎると、実際に肌が乾燥する可能性があります。

あなたの子供たちの乾燥肌は、特にそれが彼をうるさくするならば、確かに厄介かもしれません。赤ちゃんの肌に保湿剤を使用し、上記のヒントのいくつかを実行します。ただし、乾燥肌の問題が改善しない、または悪化する場合は、すぐに医師に相談して適切な治療を受ける必要があります。