家族

赤ちゃんに鶏レバーを与えるのは本当に危険ですか?

一部の母親は、赤ちゃんに鶏の心を与えることを恐れています。彼は、これらの二本足の鳥の内臓は赤ちゃんにとって危険であり、赤ちゃんの体に有毒である可能性があると述べました。どのくらい本当ですか?

赤ちゃんのための鶏レバーについて議論する前に、肝臓は鶏と人間の両方で体内に入る毒素をろ過して排除するのに重要な役割を果たす器官であることを事前に知っておく必要があります。しかし、すべての毒がこの器官、パンに保存されているわけではありません。

さらに、鶏の肝臓は腸からの消化された食物を処理する責任もあります。恐れられているのとは異なり、鶏レバーは実際には鉄、タンパク質、ビタミンやミネラルなど、栄養価の高い多くの重要な栄養素を蓄えています。

鶏レバーは赤ちゃんに無害です

生後6か月後、またはすでに補完的摂食(MPASI)の資格がある場合、乳児は成長と発達をサポートするために栄養価の高い食物を与えられる必要があります。さて、これらの栄養価の高い食品の1つは鶏レバーです。

チキンハートを赤ちゃんに与えることは理由なしに行われるわけではありません、バン。鶏レバーには、葉酸、タンパク質、コリン、脂肪、リン、炭水化物、鉄、カルシウム、銅、カリウム、セレンなどのさまざまなミネラルなど、赤ちゃんの健康をサポートするための重要な栄養素が数多く含まれています。 亜鉛。

鶏レバーには、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンE、ビタミンKなどのさまざまなビタミンも含まれています。

したがって、赤ちゃんに鶏レバーを与えることは、実際には赤ちゃんの健康をサポートするのに適しています。鶏レバーに含まれる栄養成分のおかげで、この摂取量は貧血を防ぎ、持久力を高め、目の健康を維持し、あなたの子供の成長と発達をサポートすることができます。

栄養価と特性を見て、鶏レバーを赤ちゃんレバーに与えることは禁止されていることではありません。ママはできます どうして、さまざまなメニューに加工された赤ちゃんの鶏レバーを与えます。

赤ちゃんに鶏レバーを与えるための推奨事項

赤ちゃんの体に必要な栄養素が含まれていますが、鶏レバーを与えることはまだ考慮する必要があります、パン。それは十分に高い鉄を含んでいるので、鶏レバーはあまり与えられるべきではありません、はい。

100グラムの鶏レバーに約10ミリグラムの鉄が含まれていました。一方、7〜2か​​月の乳児が必要とする鉄の量は1日あたり約11ミリグラムですが、1〜3歳の幼児の場合は1日あたり7mgです。

さらに、100グラムの鶏レバーには約2800マイクログラムのビタミンAが含まれています。実際、7〜12か月の乳児に必要なビタミンAは、1日あたり約350〜400マイクログラムにすぎません。

したがって、与えすぎると、鶏レバーが赤ちゃんにビタミンA中毒を引き起こす可能性があることが懸念されます。

したがって、結論として、鶏レバーを赤ちゃんに与えることは、量が過剰でない限り、危険ではありません、バン。母親はこの内臓を週に1〜2サービングもリトルワンに与えることができます。

さらに、あなたがあなたの子供に鶏レバーを与えたいならば、それが調理されるまであなたがそれを調理したことを確認してください、はい。赤ちゃんに鶏レバーを与えるだけでなく、果物、野菜、魚、卵、ナッツ、種子、牛乳などの他の栄養価の高い食品で小さな人の日替わりメニューを完成させます。

それでも赤ちゃんに鶏の心臓を与えることに疑問がある場合は、まず小児科医に、どの種類の食品が安全で、小さな天使が食べるのに適しているかを確認するように依頼できます。