健康

虫垂炎の手術は妊娠中に安全ですか?

虫垂または虫垂の炎症は誰にでも起こり得る. 次に、この状態が妊娠中の女性で発生した場合はどうなりますかumil)?これが起こった場合、妊娠中の女性は治療法を選択する際に落ち着いて賢明なままでいることをお勧めします。

虫垂の炎症は妊娠中に発生する可能性があります。この状態は、虫垂の細菌感染によって引き起こされ、腸が炎症を起こします。治療しないと、虫垂は破裂(破裂)のリスクがあります。

虫垂炎の症状と診断を認識する

妊娠中の虫垂の炎症の症状は、食欲不振、吐き気、嘔吐など、妊娠中の一般的な苦情と似ています。しかし、妊娠中の女性では、虫垂が炎症を起こした場合、右下腹部の痛みが顕著な症状になる可能性があります。

妊娠中の女性が右下腹部に痛みを感じたら、すぐに産婦人科医に相談してください。医師は、妊婦が経験している状態を確認するために検査を行います。

妊娠の第1および第2トリメスターでは、超音波または超音波が虫垂の炎症を確認するのに役立ちます。一方、妊娠後期に、経験した症状が非常に非定型であるか、利益がリスクを上回っている場合、医師はCTスキャンを提案することがあります。

付録手術の安全性 u妊娠中の女性のために

虫垂切除術は、妊娠中に行うことができる手術の1つです。虫垂炎が破裂するリスクがある場合、または早産や胎児死亡を引き起こすリスクがある場合、医師は虫垂切除術を推奨します。

虫垂炎が妊娠の第1および第2トリメスターに発生した場合、医師は通常、腹腔鏡手術(鍵穴と同じ大きさの切開を伴う手術)を行います。

一方、虫垂炎が妊娠後期に発生した場合、通常、医師はより大きな切開で手術を行います。在胎週数で24週間以上行われる虫垂切除も、胎児の綿密なモニタリングを必要とします。

虫垂切除術を行う前に、医師は妊婦と胎児の徹底的な検査を行います。

虫垂手術後の回復

妊婦の虫垂切除後の回復には、一般的に時間がかかります。妊娠中の女性はしばらく入院する必要があります。治療期間は、母親と胎児の状態によって異なります。

妊娠中の女性は、病院から戻った後、少なくとも1週間は家で休む必要があります。妊娠中の女性は、回復期間中、動き続け、軽い活動を続けることができます。回復を早めるために、栄養価の高い食べ物を食べ、定期的に医師の診察を受けてください。

手術は妊娠中の虫垂炎の治療選択肢の1つです。妊娠中の虫垂切除術は子宮と胎児に害を及ぼすことはありませんが、その前に、医師は詳細な検査を行い、この手順の利点とリスクを検討します。