健康

お見逃しなく、妊婦のための鍼治療の4つの利点

鍼治療、中国発祥の治療法。この治療法は副作用が最小限であると言われており、適切にそして有能なセラピストによって行われるとき、多くの健康上の利益をもたらすことができます。同じことが妊婦にも当てはまりますか?

鍼治療は、体のいくつかの部分に非常に細い針を挿入することによって行われます。現在医学的に認められているこの伝統的な薬は、ストレス、片頭痛、緊張性頭痛、首の痛み、歯痛、関節痛、術後の痛みの治療に広く使用されています。

妊娠中の鍼治療の安全性

いくつかの研究は、鍼治療は妊娠中は比較的安全であると述べています。ただし、この行動は流産のリスクを高める可能性があるため、妊娠の最初の学期には推奨されません。

正しい方法で有能な人によって行われた場合、鍼治療はさまざまな利点と最小限の副作用を持っていると言われています。そうであっても、妊娠中の女性はまだそれをあまり頻繁に行うことをお勧めしていません。

妊娠中の女性のための鍼治療のさまざまな利点

妊娠中の女性が鍼治療を行うときに得ることができるいくつかの利点は次のとおりです。

1.吐き気と嘔吐を克服する

吐き気と嘔吐は、妊婦が経験する最も一般的な苦情の1つです。あなたの食事療法を調整することに加えて、鍼治療はまた吐き気と嘔吐の不満を和らげそして減らすのを助けるかもしれません。特に、妊娠中の女性が吐き気を和らげる薬を服用するのを嫌がる場合。

ただし、在胎週数が12週未満の場合は鍼治療は推奨されないことに注意してください。吐き気や嘔吐がひどいと感じた場合でも、医師の妊婦に確認してください。

2.骨盤痛の克服

多くの妊婦が経験するもう一つの不満は骨盤痛です。これを克服するために、鍼治療は正しい解決策の1つである可能性があります。鍼治療は骨盤の周りの筋肉をよりリラックスさせることができるので、ステージの痛みが軽減されます。

骨盤痛を克服する最大の結果を得るには、定期的に妊娠運動を行い、特別な妊娠ベルトを着用してください。

3.うつ病の克服

ある研究では、鍼治療後に妊婦がしばしば経験するうつ病の症状の軽減も明らかになりました。しかし、うつ病は健康上の問題であり、軽視すべきではありません。妊娠中の女性がうつ病の症状を経験した場合は、状態に応じて治療の選択肢を与えることができるように、遠慮なく医師に相談してください。

4.陣痛中および陣痛後の痛みを軽減します

出産の過程を想像すると、妊娠中の女性は、特に「異常」と言われる痛みで、恐れや不安を感じるようになるかもしれません。しかし、妊娠中の女性は、帝王切開で出産した後でも、妊娠中に鍼治療を行うことで実際に陣痛を和らげることができることを知っていましたか?

基本的に鍼治療は比較的安全で妊娠中の女性に利益をもたらしますが、鍼治療を行う前に必ず産婦人科医に相談してください。医師は、妊娠中の女性が経験している状態に応じて、安全な指示と治療オプションを提供します。

妊娠中の女性が鍼治療を行う前に注意を払うべきもう一つのことは、鍼治療の場所と信頼され、証明書を持っているセラピストを選ぶことです、はい。必要に応じて、妊婦は病院の鍼灸専門医から鍼灸療法を受けることができます。