家族

子供にサツマイモをあげても大丈夫ですか?

さつまいもは甘くて美味しいので、子供も含めてみんなに愛されています。それだけでなく、このサツマイモには無数の健康上の利点もあります。しかし、問題は、子供たちにサツマイモを与えることは安全ですか?

サツマイモには、炭水化物、繊維、タンパク質、ナトリウム、カリウム、カルシウム、鉄、葉酸、マグネシウムなど、体に必要なさまざまな栄養素が含まれています。 亜鉛、リン、ビタミンA、B6、C、D。サツマイモには多くの抗酸化物質、特に紫とオレンジのサツマイモが含まれていることも知られています。

サツマイモは子供に安全に与えることができます

栄養価を見ると、サツマイモは成長と発達の過程を助けることができるので、子供たちに非常に良い与えられます。さまざまな色のサツマイモを使って、子供たちの注目を集めることができます。

母親は、生後6か月から、または固形物を摂取し始めたときに、サツマイモを子供に紹介することができます。この年齢で、サツマイモは、赤ちゃんが窒息しないように、ピューレまたは厚いお粥に加工する必要があります。

さらに、お子さんが生後9ヶ月以上の場合、さつまいもを次の形で与えることができます。 フィンガーフード 噛んだり握ったりする能力が以前より良くなっているからです。

純粋なダンは別として フィンガーフードお母さんもさつまいもをいろいろなメニューに作ることができます、 ほら、ドーナツ、コンポート、ヘビの実の種、プリンなど。さつまいもは、蒸し焼き、炒め物、炒め物など、さまざまな方法で加工できます。ただし、さつまいもの食感は、お子さんの年齢に合わせて調整してください。

子供のためのサツマイモのさまざまな利点

子供に与えるのが安全であるだけでなく、サツマイモを定期的に摂取することは、あなたの子供に次のような特別な利益をもたらす可能性があります。

1.健康な消化管

サツマイモに含まれる食物繊維と抗酸化物質は、腸の健康に効果があります。これらの化合物は両方とも、腸壁を裏打ちする細胞を強化することができる善玉菌(プロバイオティクス)を増加させると考えられています。

サツマイモには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類の繊維が含まれています。これらの繊維は、便の量を増やし、水分を吸収して便を柔らかくすることが知られています。そうすれば、あなたの子供はより規則的な排便をし、下痢から結腸癌まで、さまざまな種類の消化器疾患のリスクを回避できます。

2.持久力を高める

サツマイモ、特に紫色のサツマイモとオレンジ色のサツマイモに含まれるビタミンA、C、抗酸化物質の豊富な含有量は、白血球の働きと抗体の産生をサポートして、子供の免疫システムを高めることができます。さらに、抗酸化物質は、さまざまな病気の原因となるフリーラジカルを防ぐこともできます。

3.目の健康を改善します

オレンジ色のサツマイモには、ビタミンAを形成する着色剤であるベータカロチンが多く含まれています。このビタミンは視力にとって非常に重要です。サツマイモの抗酸化作用は、目の細胞を損傷から保護し、子供の目の健康を維持することもできます。

4.脳機能を改善する

動物実験では、紫色のサツマイモに含まれるアントシアニンが、抗酸化作用によって炎症やフリーラジカルへの曝露による損傷を防ぐことで脳を保護できることが明らかになりました。

さらなる研究が必要ですが、抗酸化特性は精神障害や記憶障害のリスクを減らすことが知られています。したがって、赤ちゃんのためにこの恩恵を受けることに害はありません。

上記の情報を知った後、あなたはもはや健康的なスナックまたは子供のための炭水化物の供給源としてサツマイモを与えることを躊躇する必要はありません。さらに、サツマイモも見つけやすく、価格も比較的安いです。

しかし、サツマイモの調理方法には注意してください、そうです、パン。揚げたり、焼いたり、焼いたりしたサツマイモを摂取すると、血糖値が急上昇する可能性があります。だから、肥満を避けるためにサツマイモを食べすぎないようにしてください。

まれですが、サツマイモを食べるとアレルギーを起こす子供もいます。サツマイモを与えられた後、発疹、嘔吐、唇やまぶたの腫れ、さらには息切れや失神などのアレルギー症状を経験した場合は、すぐに医師または緊急治療室に連れて行ってください。