家族

すべての妊娠中の女性は胎盤障害を持つリスクがあります

赤ちゃんと妊婦の健康を維持する上での胎盤の重要な役割は、この組織に何らかの障害があると、妊娠中に生命を脅かす合併症を引き起こす可能性があります。手遅れになる前に、胎盤障害の種類、危険因子、および症状に注意を払ってください。

赤ちゃんの胎盤は妊娠初期に子宮内に形成され始めます。胎盤は、母親から胎児に、またはその逆に運ばれる血液を排出するのに役立ちます。胎盤はまた、細菌感染から胎児を保護する役割を果たしており、ホルモンの産生に役割を果たしています。通常の状態では、胎盤は赤ちゃんが生まれてから5〜30分後に脱落します。

一般的に、胎盤は受精卵が子宮壁に付着する場所で形成され、発達します。胎盤は、酸素、二酸化炭素の排出、胎児への栄養素の供給者であるだけでなく、胎児の血液から「老廃物」を取り除くのにも重要な役割を果たします。

スムーズな妊娠のために非常に重要な胎盤の役割は、障害を発症するリスクも伴います。そのため、定期的に医師の診察を受ける必要があります。

胎盤障害の種類の認識

妊娠中の女性が予測できるようにするには、次のような最も一般的なタイプの胎盤障害を認識する必要があります。

  • NS胎盤早期剥離。 (NS常位胎盤早期剥離)

    胎盤早期剥離とは、分娩時が来る前に胎盤が子宮壁から部分的または完全に脱落することです。この状態は、赤ちゃんの栄養素と酸素の利用可能性の中断を引き起こします。胎盤早期剥離は、在胎週数が20週間を過ぎたときに発生する可能性があり、症状は、妊婦の痛み、膣からの出血、収縮、または腹部のけいれんです。場合によっては、この状態は早産や羊水塞栓症の形でも結果をもたらす可能性があります。

  • 前置胎盤

    前置胎盤は、胎盤が子宮頸部を部分的または完全に覆っている場合に発生する可能性があります。この状態は、分娩前に重度の膣からの出血を引き起こす可能性があります。それは妊娠初期によく見られ、子宮が成長するにつれて発症する可能性があります。前置胎盤のある母親に推奨される唯一の分娩方法は帝王切開です。

  • 癒着胎盤

    癒着胎盤は、胎盤組織が子宮壁の奥深くまで成長する状況です。この状態は、妊娠中の女性が妊娠後期に出血を経験し、出産後に大量の血液を失う原因となる可能性があります。胎盤が子宮の筋肉に付着した場合(癒着胎盤)、および胎盤が子宮壁を通って成長した場合(癒着胎盤)、より深刻な状態が発生する可能性があります。この状況は通常帝王切開で治療され、ほとんどの場合、子宮の摘出が続きます。

  • 胎盤停滞(NSetensio NSラセンタ)

    出産の過程では、通常、赤ちゃんが生まれてから30分以内に、胎盤も子宮から取り出されます。この臓器がまだ子宮壁に付着していて、分娩後最大30分または1時間、半分閉じた子宮頸部の後ろに閉じ込められている場合、胎盤は保持されていると呼ばれます。すぐに治療しないと、胎盤停滞により母親が大量の血液を失う可能性があり、生命を脅かす可能性があります。

  • 胎盤機能不全。 (NSlacentalの不足)

    未発達または損傷した胎盤は、妊娠の深刻な合併症の1つです。これは胎盤機能不全として知られています。この状態は、妊娠中の母親からの不十分な血流によって引き起こされる可能性があります。結果として、未発達の胎盤は胎児も発達せず、異常(先天性欠損症)、早産、および低出生体重をもたらします。この状態は、貧血、糖尿病、高血圧、喫煙、薬物の副作用、および母親の血液凝固障害によって引き起こされる可能性があります。

これらのさまざまな胎盤障害は多くの原因によって引き起こされる可能性がありますが、ほとんどの場合、それらの原因は正確にはわかっていません。

ただし、妊娠中の女性が胎盤障害を発症する可能性を高める可能性のあるいくつかの危険因子があります。次のような胎盤障害を起こしやすくする危険因子があるかどうかを調べます。

  • 高血圧。
  • 40歳以上の妊婦。
  • 膜は分娩前に早く破裂します。
  • 血液凝固障害。
  • 双子を運ぶ女性。
  • 薬物を使用する妊婦。
  • 帝王切開や掻爬術など、子宮の医療処置を受けた女性。
  • 転倒や胃への衝撃など、胃に怪我をしたことがあります。
  • 以前の妊娠で胎盤障害を経験したことがあります。

腹痛、耐え難い腰痛、膣からの出血、および出産前の持続的な子宮収縮の症状を特徴とする胎盤障害を経験した場合は、すぐに婦人科医または胎児母体コンサルタントに相談してください。転倒や事故などの腹部の怪我がある場合は、すぐに自分自身をチェックしてください。これは、母親と胎児に最適な分娩手順を決定するために、発生する可能性のある異常を早期に予測できるようにするためです。