健康

B型肝炎ワクチン接種の利点と投与スケジュール

B型肝炎ワクチン接種は、これまで受けたことがない新生児と成人に与えられなければならない免疫化プログラムの1つです。 B型肝炎を予防するためにB型肝炎ワクチンを接種することが重要です。

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)によって引き起こされる1つまたは複数の肝臓の感染症です。この病気は急性または数ヶ月続くことがありますが、慢性になるか、何年も続くこともあります。

すぐに治療しないと、B型肝炎は合併症や肝臓がんや肝硬変などの重度の肝臓障害を引き起こす可能性があります。 B型肝炎ウイルスの感染は、B型肝炎ワクチン接種によって防ぐことができます。

B型肝炎ワクチン接種の推奨事項

B型肝炎ワクチン接種は、新生児および18か月齢で推奨されます。さらに、B型肝炎ワクチンは、成人、特に次のようなB型肝炎の危険因子を持っている人にも接種する必要があります。

  • B型肝炎のパートナーがいる
  • 肝臓病、慢性腎臓病、糖尿病、HIVなどの特定の病気に苦しんでいる
  • B型肝炎の人、たとえば医師、看護師、助産師、実験室労働者などの医療従事者の血液、尿、または糞便と接触するリスクがあります。
  • 他の人と針を共有する
  • 危険な性行動を起こし、性的パートナーを頻繁に変える
  • 同性のセックスをする

さらに、B型肝炎の予防接種を受けたことがない19歳未満の子供や青年も、すぐにワクチンを接種する必要があります。

B型肝炎ワクチンを入手するには、ワクチン接種クリニックまたは最寄りの病院に行くことができます。

B型肝炎ワクチンの接種量とスケジュール

子供と大人のB型肝炎ワクチン接種の用量とスケジュールはわずかに異なります。以下は、年齢に応じたB型肝炎ワクチンの投与量とスケジュールです。

子供達

インドネシア小児科医協会(IDAI)の予防接種スケジュールの推奨に基づき、B型肝炎ワクチンは乳幼児と子供に4回接種する必要があります。最初のB型肝炎ワクチン接種のスケジュールは、赤ちゃんが生まれたときに行われ、次の3回の接種は、赤ちゃんが2、3、および4か月のときに行われます。

その後、赤ちゃんは再びB型肝炎の免疫を取得する必要があります(増幅器)彼が18ヶ月の時。赤ちゃんが病気の場合、予防接種は延期する必要があります。小児科医に相談して、B型肝炎の予防接種のフォローアップスケジュールを決定することができます。

成熟した

子供としてB型肝炎の予防接種を受けたことがない大人は、すぐに予防接種を受けることをお勧めします。

成人に対するB型肝炎ワクチンのスケジュールと投与は3回行われ、2回目の投与は1回目の投与の1か月後に、3回目の投与は2回目の投与の5か月後に行われました。

その後、成人もB型肝炎ワクチンを接種する必要があります 増幅器 これは通常、3回目の投与から5年後に投与されます。

B型肝炎ワクチン接種は、B型肝炎ウイルスの感染を防ぐことができ、一般的に安全に投与できます。ただし、一部の人々は、発熱、注射部位の痛み、頭痛など、ワクチンを接種した後に軽度の反応や副作用を経験する可能性があります。

場合によっては、B型肝炎ワクチンを接種すると、かゆみ、皮膚の発疹、息切れなどのアレルギー反応を引き起こす可能性もあります。ただし、この種の反応はB型肝炎ワクチンでは非常にまれです。

B型肝炎ワクチン接種は、BCG、ポリオ、DPT-HB、はしかなどの他の免疫化とともに子供に接種する必要のある必須の予防接種プログラムの1つです。予防接種は、予防接種クリニック、病院、posyandu、およびヘルスセンターで行うことができます。

あなたまたはあなたの子供がB型肝炎の予防接種を受けたい場合は、医師に相談してワクチンのスケジュールを決定してください。