健康的な生活

本当に月経中はきゅうりが食べられないの?

これらの食品は生殖器の健康に悪影響を与えると考えられているため、女性は月経中のキュウリを避けるべきであるという問題があります。この仮定は正しいですか?

キュウリは水分含有量が約95%と高い果実です。この果物には、抗酸化物質と、炭水化物、繊維、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンK、マグネシウム、カリウム、マンガン、葉酸などのさまざまな栄養素も含まれています。

キュウリには多くの栄養素が含まれているため、体に多くの健康上の利点をもたらします。これらの利点には、脱水症の予防、血糖値の制御、目の健康の維持、持久力の向上、および臓器の適切な機能の維持が含まれます。

月経中のキュウリを食べることの安全性についての事実

キュウリの多くの利点の背後には、実際、月経中または月経中はこの果物を避けるべきであるという仮定がコミュニティで広まっています。

月経中にキュウリを摂取すると、月経血が子宮壁に付着し、卵巣嚢胞や癌を引き起こすと言われています。キュウリの樹液は、月経中に食べると子宮がんを引き起こす可能性があると考える人もいます。

これらの仮定は両方とも確かに真実ではなく、単なる神話です。医学的には、月経中にキュウリを摂取することは禁止されていません。きゅうりを食べると月経血が子宮壁に残ることは証明されておらず、樹液は子宮に到達しません。

きゅうり、プラム、スイカ、オレンジなどの水分が豊富な果物は、体の水分の必要性を満たし、脱水症状を防ぐことができるため、実際には月経中の摂取に適しています。

さらに、果物に含まれる抗酸化物質、繊維、さまざまなビタミンやミネラルの含有量は、月経中の痛みやけいれん、鼓腸の訴えを和らげるのにも役立ちます。

月経中に推奨され、避けるべき食品の種類

きゅうりだけでなく、月経中の摂取に適した食品は他にもたくさんあります。そのうちの1つは、卵、魚、ナッツなどのオメガ3脂肪酸を多く含む食品です。これらの栄養素の摂取は、月経痛を軽減し、気分を改善し、月経前症状を全体的に緩和するのに役立ちます。

さらに、ダークチョコレート、緑の野菜、鶏肉、緑茶、生姜などの他の健康食品を食べて、一般的に感じられる月経の症状を軽減することもできます。

きゅうりを避けるのではなく、缶詰や加工肉などの加工食品を避ける方が良いでしょう。これは、これらの食品が胃を膨満させやすいためです。缶詰や加工食品を防腐剤と一緒に摂取すると、月経周期がスムーズでなくなるとも言われています。

月経中は、人工甘味料を含む辛い食べ物やアルコール飲料も避けてください。月経の不満を悪化させる可能性があります。

事実を知った後、月経中にきゅうりを食べたいのなら、もう躊躇する必要はありません。キュウリは月経が来たときも含め、いつでも安全に摂取できます。きゅうりだけでなく、さまざまな健康食品を摂ることができるので、生理中の快適さや体の健康を保つことができます。

煩わしい、または長引く月経症状を経験した場合は、適切な検査と治療のために医師に相談する必要があります。