健康

この炎症性腸の原因に注意してください

大腸炎の原因は、遺伝性疾患や免疫系疾患など、いくつかの症状に関連していると強く疑われています。予防策として、腸の炎症のさまざまな原因を早期に予測することをお勧めします。

炎症性腸疾患または 炎症性腸疾患 (IBD)は2つに分けられます、すなわち潰瘍性大腸炎と クローン病。両方の状態は消化管の慢性炎症であり、通常、持続性の下痢、発熱、腹痛、血便、および体重減少を特徴とします。

大腸炎の原因は明確にはわかっていませんが、この病気の引き金となる、発生のリスクを高める、または症状を悪化させると考えられているさまざまな要因があります。

腸の炎症のさまざまな原因

以下は、腸の炎症を引き起こすのに最も重要であると考えられている要因です:

1.自己免疫疾患

炎症性腸疾患の最も強力な原因は、自己免疫疾患です。この状態は、細菌やウイルスの感染症と戦う体の免疫系が、消化管の細胞を含む体自身の組織を攻撃したときに発生します。

炎症性腸疾患では、免疫系が腸内の善玉菌やプロバイオティクスを誤解し、食物を有害な細菌として消化するのを助けます。最終的に、体の免疫系が腸を攻撃し、炎症が起こります。

さらに、一部の専門家は、腸の炎症は、体の健康な細胞に損傷を与えるほど過剰な細菌またはウイルス感染に対する免疫応答が原因で発生すると考えています。

2.遺伝的要因

両親から腸の炎症を引き起こす遺伝子を入手した場合、炎症性腸疾患を発症する可能性もあります。そのため、炎症性腸疾患を患っている親、兄弟、または血縁者がいる人は、この疾患を発症するリスクが高くなります。

3.外的要因

さらなる調査が必要ですが、大気汚染、喫煙習慣、特定の薬物の使用などのさまざまな環境要因が、炎症性腸疾患の発生に大きな役割を果たしていると考えられています。

さらに、アルコール、ソフトドリンク、揚げ物などの脂肪分の多い食品、 ファストフード, 乳製品、ナッツ、辛い食べ物も大腸炎のリスクを高め、症状を悪化させる可能性があります。

4.ストレス

ストレスは腸の炎症の直接的な原因ではありません。しかし、ストレスは炎症性腸症状の発生に大きな役割を果たしている要因です。重い肉体的および精神的ストレスもこの病気の状態を悪化させることが知られています。

ストレスがかかると、体の免疫系は、感染と戦うように機能するサイトカインと呼ばれるタンパク質を放出することによって反応します。腸の炎症を引き起こす遺伝子を持っている人では、この反応が腸の過度の炎症を引き起こし、大腸炎の症状が現れたり悪化したりします。

これらは、腸の炎症の原因であると考えられている要因のいくつかです。遺伝などのいくつかの要因は避けられません。ただし、大量の水を飲む、禁煙する、定期的に運動して1日7〜8時間以上寝ることでストレスを軽減するなど、健康的なライフスタイルを送ることで炎症性腸疾患のリスクを減らすことができます。

さらに、大腸炎を発症するリスクが高い場合、特に症状が出始めた場合は、遠慮なく医師に相談してください。治療やライフスタイルの変更が早ければ早いほど、病気をコントロールできる可能性が高くなります。