家族

子供の対人知能についてはこちらをご覧ください

対人知能とは、他者のニーズを評価して理解する能力です。, それに応じて行動する 彼らが組織する方法 誰かとの相互作用。対人知能を含むもののいくつかは、他の人との新しい関係の確立、他の人との協力、ボディーランゲージ、コミュニケーションスキル、および共感を通して他の人の感情を解釈する能力を含みます。

確かに、すべての子供が他の人と交流するために対人知能と社会的スキルを向上させるためにあなたの助けを必要とするわけではありません。しかし、これは彼が彼の環境と相互作用し、社交することができるようにするために非常に重要です。

子供の知性は人々の影響を受ける可能性がありますNSua

インテリジェンスまたはIQとしてよく知られているもの (知能指数) 人の知的機能を指します。遺伝学は、人の知性のレベルに影響を与える上で大きな役割を果たします。遺伝学に加えて、良い栄養、毒素からの保護、そして遊んだり運動したりするための十分な時間は、実際に子供の知性を維持することができます。

実際、子供の知性のレベルは、妊娠中の母親の習慣によって影響を受ける可能性があります。ある研究によると、妊娠中に頻繁に運動する母親から生まれた子供は、妊娠中に頻繁に運動しなかった母親から生まれた子供と比較して、5歳でより高いレベルの知性と言語スキルを持っていました。

これは明らかにホルモンのコルチゾールの適切なレベルによって影響されます。コルチゾールは、運動すると放出されるストレスホルモンです。このホルモンは、赤ちゃんの脳や他の臓器の成長と発達を明らかに増加させる可能性があります。

出生前から4歳まで、子供の脳は急速に成長します。若い脳は、時間を通して組織化され、発達し続けます。社会的関係を確立する子供の能力の始まりは、両親や保護者に親しみを感じることです。たとえば、両親の近くにいる子供たちは、脳を発達させることができます。それは、神経細胞が社会的および言語的なつながりを通じてつながっているからです。

脳は安全を求めるように設計されており、安全でないと感じれば学習することはできません。子供が安全であると感じない場合、それは彼らの学習能力に影響を与える可能性があるため、親は子供が安全であることを確認する必要があります。

対人知能または社会的知能には、社会的状況、人間関係を理解し​​、特定の状況で子供が何をすべきかを知ることが含まれます。対人知能はあまり注目されない傾向がありますが、この知能は多くの場合、将来の子供の成功の決定要因になります。対人知能を使用すると、子供は小グループを率いたり、自分の環境でうまく付き合うことができます。

これが子供たちに社交を教える方法です

一般的に、子供は次の年齢で特定の社会的能力またはスキルを発達させます。

  • 2〜3歳の子供は、他の人に注意を喚起するだけでなく、「こんにちは」や「また後で」など、口頭で他の人と社会的接触をすることができます。
  • 3〜4歳の子供は、交代でゲームをしたり、人形で想像したり、実際の言葉で口頭でのコミュニケーションを開始したりできます。
  • 4〜5歳の子供は、「ごめんなさい」、「お願いします」、「ありがとう」など、友達に共感することができます。
  • 6〜7歳の子供は、悲しいことで泣くなど、他の人に共感することができます。この年齢では、子供たちは姿勢やジェスチャーを共有して使用できる傾向があります。しかし、彼は善悪の明確な区別を理解することができませんでした。

親として、あなたは他の人と交流できるようにあなたの子供を教える必要があります。あなたがあなたの赤ちゃんに教えることができるこれらの事柄のいくつかは以下を含みます:

  • 一緒に食べることに慣れる

    一緒に食事をするとき、あなたは彼と交流することができます。他の人とのコミュニケーションの仕方、他の人の言うことを聞く方法、他の人のおしゃべりにどう反応するかを教えることができます。

  • ボディーランゲージを教えて紹介する

    たとえば、子供がテレビを見ているときは、音量を少し下げて、見ているテレビの漫画のキャラクターがどのように感じているかを少し尋ねることができます。彼が好きなアニメキャラクターについて彼に尋ねることもできます。これは、体の動きを通して他人の気持ちを捉える子供の能力を訓練することができます。

  • 子供にもっと声を出すように教える (あえて話す)

    子供に自分で話させてください。あなたの子供は彼の社会的スキルを示す機会を必要としているので、常に彼のスポークスパーソンになろうとしないでください。あなたの子供が他の人と話すことに神経質になっているなら、彼の自信を築くために小さな一歩を踏み出してください。たとえば、おもちゃ屋の店員に「すみません」と言ってもらい、欲しいおもちゃについて店員に直接聞いてもらいます。

対人知能には、言語の流暢さや会話スキルなど、いくつかの重要な要素があります。社会的役割と規則に関する知識。効果的なリスニングスキル。他の人が何に惹かれているのかを理解する。社会的有効性、または環境に対して社会的に自信を持って効果的になる方法。と注意してください。

自信を持って環境を恐れないように子供に教えてください。それは彼らの対人知能を向上させることができます。彼に彼自身の問題を解決させてください、あまり頻繁に彼を助けないでください。ただし、友人や環境と交流するときは、常に子供を指導し、観察してください。