家族

妊娠中の女性、これは食中毒を経験したときに何をすべきかです

食中毒 オン 妊娠中の母親 それができるので過小評価することはできません 健康を妨げる 母と 子宮内の胎児。 そのために、間違えないでください、 妊娠中の女性は、中毒になったときに何をすべきかを知っている必要があります。

妊娠中の食中毒は、妊娠中の女性が細菌で汚染された食べ物や飲み物を消費した結果として発生することがよくあります サルモネラ, 大腸菌、 また リステリア。この状態は、一般的に、頭痛、腹痛、下痢、吐き気、および嘔吐を特徴とします。

食中毒を克服する方法 NS妊娠中

迅速かつ適切に治療しないと、妊娠中の食中毒は、脱水症、胎児障害、さらには流産など、さまざまな危険な状態につながる可能性があります。

これらの望ましくないことを防ぐために、妊娠中の食中毒に対処するための次の方法を検討してください。

1.医師に相談する

妊娠中の女性が食中毒の症状を経験した場合に最初にできることは、医師に相談することです。医師は、現れる症状に基づいて妊婦が経験している中毒の原因を突き止め、家庭でできる治療法についてアドバイスを提供することができます。

したがって、妊娠中の女性が何かを食べた後に嘔吐したり下痢をしたりした場合は、すぐに医師に相談する必要があります。

2.水をたくさん飲む

食中毒のある妊婦はもっと水を飲む必要があります。これは、嘔吐や下痢によって失われた体液を補充するのに役立ちます。

妊娠中の女性は、たくさんの水を飲んだり、スープを食べたり、ジュースを飲んだりすることで、水分の必要を満たすことができます。さらに、妊娠中の女性には十分な休息時間をとることを忘れないでください。

3.抗生物質を服用します

細菌による食中毒は抗生物質を服用することで治療できます。ただし、妊娠中の女性は、摂取する前にまず医師に相談することをお勧めします。医師は、妊婦の状態に応じて抗生物質の投与量と種類を決定します。

妊娠中の女性の食中毒は、特に38°Cを超える発熱、長期の下痢、血便を伴う場合、集中的な入院が必要になる場合があります。

食中毒の予防 NS妊娠中

妊娠中の食中毒を防ぐために、妊娠中の女性は常に食品の品質に注意を払い、中毒の原因となる細菌に汚染されるリスクのある種類の食べ物や飲み物を避けてください。

妊娠中の女性が食中毒を防ぐためにできることは次のとおりです。

  • 食べ物や飲み物を購入する前に有効期限に注意してください
  • 生の食べ物や飲み物の消費を避けてください
  • 使用後のカトラリーの洗浄
  • 低温殺菌されていない食べ物や飲み物、特に牛乳は避けてください
  • 消費する前に野菜や果物を洗う
  • 肉とシーフードが完全に調理されるまで調理します
  • サーブした直後に食べ物を食べる
  • 飲食の前後に手を洗う

妊娠中の食中毒は過小評価できないため、適切に対処する必要があります。妊娠中の女性が食中毒の症状を感じても、慌てないでください。すぐに医師の診察を受け、適切な治療を受けてください。