健康

神経ネットワーク障害は若者にも起こり得る

一部の人々は、神経組織障害は高齢者にのみ発生する可能性があると考えています,NSしかし実際には、このタイプの病気はすべての年齢で発生する可能性があります。 NSタイプとそれらを防ぐ方法を特定する これらの病気の存在を予測するために知られている必要があります.

母親は、家族のために料理をしたり、メールをチェックして返信したりして、遊んでいる子供たちを見ながら仕事を完了するなど、すべてを一度に行うことができます。すべては、脳のパフォーマンスとニューラルネットワークを組み合わせて一生懸命働いて行われます。脳はすべての体の機能を制御し、ニューラルネットワークは脳から脊髄を介して体のさまざまな部分にメッセージを送信します。

神経組織自体は、人体で複雑な役割を果たします。これには、以下の制御が含まれます。

  • 五感:視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚。
  • 論理を考え、分析し、使用し、情報、メモリ、およびを処理する能力
  • バランス、体の運動、協調、血圧、呼吸、消化、血流。

したがって、ニューラルネットワークの障害は深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。この障害は、老化プロセス(変性)、身体的損傷、感染症から、薬の副作用に至るまで、さまざまな原因によって引き起こされる可能性があります。

神経障害を引き起こす病気の例

神経組織を脅かす可能性のあるいくつかの危険な病気があります。

  • 脳卒中、一過性脳虚血発作、または軽度の脳卒中とも呼ばれる脳血管障害NS一過性脳虚血発作)、くも膜下出血、硬膜下出血(硬膜下血腫)、および硬膜外出血。
  • 髄膜炎、脳の炎症(脳炎)、ポリオ、破傷風、脳膿瘍などの感染症。
  • 脳損傷や脊髄損傷などの構造障害、 ベル麻痺頸椎症、 手根管症候群、および末梢神経障害。
  • 二分脊椎や筋ジストロフィーなどの神経系の先天性障害。
  • 脳および脊髄の腫瘍。
  • ギランバレ症候群などの自己免疫疾患
  • 頭痛、てんかん、めまい、神経痛などの機能障害。
  • パーキンソン病、アルツハイマー病などの変性疾患、 多発性硬化症, 筋萎縮性側索硬化症 (ALS)、 ハンチントン舞踏病.

神経ネットワーク障害の原因の認識

上記の病気は、高齢者だけでなく、幼児を襲う可能性があります。原因は病気の種類によって異なりますが、一般的には次の原因で発生します。

  • 怪我。
  • 感染
  • 変性過程
  • 遺伝性疾患(先天性欠損症)
  • 腫瘍
  • 自己免疫疾患
  • 血流障害

神経ネットワーク障害を防ぐための手順

良いニュースは、神経組織疾患を発症するリスクを減らすために取ることができるステップがあるということです、すなわち:

  • 習慣をやめなさい
  • でのスポーツ
  • で休む
  • バランスの取れた食事とマグロやサバなどのオメガ3脂肪酸の摂取を通じて健康的な食品を食べましょう。
  • 神経系を落ち着かせ、脱水症状を避けるのに十分な水を飲みます。
  • ヨガや脳のエクササイズなど、脳の健康をサポートできる活動をするために時間をかけてください。
  • ストレスを避けてください。

突然起こる激しい頭痛、歩くことができない、話すことができない、手足が弱くて麻痺したりチクチクすることが多い、意識の低下(昏睡)、かすみ目、錯乱、吐き気、嘔吐がある場合は、すぐに医師に相談してください。