健康

新生児が歯を持っているのは正常ですか?

生まれた赤ちゃんはすでに歯を持っているか クリスマスの歯 親の懸念を引き起こす可能性があります。すでに歯が正常に分類されている新生児はいますか? 来て、以下の説明を参照してください。

クリスマスの歯 一般的には赤ちゃんの歯のような形をしていますが、サイズが小さく、黄色がかっていて、根がなく、揺れやすいです。この状態は非常にまれで、一般的に無害です。

考えられるさまざまな原因 クリスマスの歯

クリスマスの歯 歯茎に近すぎる歯形成細胞の位置が原因​​と考えられています。この状態のリスクは、家族も持っている場合に増加します クリスマスの歯.

その上、の外観 クリスマスの歯 ファイファー症候群(遺伝性疾患)、細胞組織球症(白血球障害)、唇裂など、いくつかの健康状態に関連しています。

によって引き起こされる可能性のあるいくつかの障害 クリスマスの歯

正常なのに クリスマスの歯 いくつかの混乱や苦情を引き起こす可能性があります。

赤ちゃんの授乳能力に影響します

クリスマスの歯 母乳育児中の赤ちゃんの快適さを妨げる可能性があります。この状態の赤ちゃんの中には、母乳育児に消極的な人もいます。

赤ちゃんの窒息のリスクを高めます

クリスマスの歯 歯の動揺や動揺は、歯を飲み込むリスクを高める可能性があります。このゆるい歯は赤ちゃんを窒息させる可能性があります。

乳首が痛くなるリスクが高まります

それは否定できない、結果として発生する可能性のある障害の1つ クリスマスの歯 母親の乳首の痛みです。これは、噛み付きと摩擦によるものです。 クリスマスの歯 赤ちゃんが授乳している間、乳房を傷つける可能性があります。

基本的に、 クリスマスの歯 母乳育児を妨げず、特定の症状を引き起こさないため、特別な治療は必要ありません。お母さんがお世話になります クリスマスの歯 水で湿らせた清潔な布で定期的に掃除してください。

ただし、上記のように苦情が出て、母親と子供が快適に過ごせない場合は、遠慮なく小児科医に相談してください。