家族

雨の中で遊ぶことは子供たちに風邪を引き起こす可能性がありますか、神話または事実?

レインシャワーは、ほとんどの子供にとって楽しい無料の水遊びです。しかし、実際に雨の中で赤ちゃんを見ると、雨の中で遊ぶと風邪をひくのではないかと心配する母親もいます。この仮定は本当ですか?

「雨が降らないでください。病気になるだろう!」 この文は、子供が雨の中で遊ぶことを禁じていると親からよく言われます。梅雨の時期には、通常、風邪やインフルエンザで病気になる子供が増えるので、不思議ではありません。このため、雨は子供たちに風邪をひくと考えられています。

子供の雨と風邪の関係

子供の雨と風邪を関連付ける前に、風邪とは何かをよく理解する必要があります。風邪は、鼻が詰まっていると感じ、粘液や粘液を大量に生成する状態です。これは子供によく見られます。

汚染、アレルギー、タバコの煙、ARIやインフルエンザなどの感染症に至るまで、子供が風邪をひく原因となる可能性のあるものはたくさんあります。子供は、免疫システムが弱いか体調が悪いと、病気のために風邪にかかりやすくなります。

いくつかの研究では、インフルエンザウイルスは梅雨の時期に広がりやすい傾向があることも示されています。これが、子供を含め、梅雨の時期にインフルエンザや風邪をひく人が増える理由です。

雨の中で遊んだ後に病気になった場合は、免疫力が低下しているか、インフルエンザなどの病気にかかりやすいことが原因である可能性があります。

しかし、免疫力が強ければ、小さな人の体はウイルスや細菌とうまく戦うことができます。これにより、雨が降っても風邪をひきにくくなります。

雨が降ると気温が低くなると、子供たちは風邪にかかりやすくなります

雨季にはウイルスや細菌に感染しやすいだけでなく、梅雨の気温が低いために子供の風邪も発生する可能性があります。寒い気温は鼻の血流を妨げ、風邪の症状を引き起こす可能性があります。これにより、アレルギー性鼻炎や風邪アレルギーのある子供に症状の再発を経験させる可能性があります。

梅雨の冷たい空気とは別に、子供たちの寒さを引き起こす寒い気温は、他のソース、パンからも来る可能性があります。たとえば、エアコンや子供が飲む食べ物や飲み物の温度が低いため、室温が低すぎます。

アレルギーの病歴のある子供では、タバコの煙、ほこり、動物の皮屑などの他のアレルギーの引き金に頻繁にさらされると、風邪をひくリスクが高まる可能性があります。アレルギーによる風邪を予防するために、アレルギーのある子供は常にアレルギーの引き金となる要因に近づかないようにする必要があります。

一方、梅雨の時期に風邪やインフルエンザにかかるリスクを減らすために、頻繁に手を洗うように注意する必要があります。さらに、特に手が汚れているときは、顔、口、目に頻繁に触れないように子供に教える必要があります。

それで、子供たちは雨の中で遊ぶことができますか?

上記の情報に基づいて、雨の中で遊ぶことが子供たちに風邪を引き起こす可能性があるという仮定は事実です。しかし、これはあなたの子供が雨の中でまったく遊ぶことができないという意味ではありません。彼の免疫システムが良好で、彼が風邪アレルギーを持っていない場合、あなたは時々彼を外の雨の中で遊ばせるかもしれません。

これは、赤ちゃんの健康状態が、雨が降ったときに風邪をひくリスクが低いためです。さらに、雨の中、あなたの子供は自然に近づき、学びながら遊ぶことができます、パン。雨の中で遊ぶことは、成長と発達、特に運動能力の発達をサポートするのにも役立ちます。

ただし、覚えておいてください。お子さんが雨の中で遊ぶときは、長すぎないように注意し、一人で遊ばせないでください。お子様が寒い、または震えている場合は、すぐに家に連れて行き、体を温めてください。

母親は、乾いた服を着る前に、お湯でリトルワンを入浴することができます。その後、体が冷えないようにお茶や温かいミルクなどの温かい飲み物を飲んでください。

雨の中で子供を遊ばせることにまだ自信がない場合、特に彼が特定の病状を持っているか、病気から回復したばかりの場合は、医師に相談して確認する必要があります。