家族

妊娠中の飲酒の危険性

妊娠中の飲酒は、胎児や妊婦自身の健康に悪影響を与える可能性があるため、お勧めできません。妊娠に対するアルコールの危険性を知りたいですか?この記事の詳細をご覧ください。

妊娠中の少量の飲酒に関する情報は安全であると考えられており、生で飲み込まないでください。その理由は、すべての女性がアルコール飲料に対して異なる耐性を持っているからです。安全上の理由から、妊娠中の女性はアルコールを飲まないことをお勧めします。

これが妊娠中に飲酒するのが危険な理由です

妊娠中の飲酒はお勧めしません。妊娠中の女性がそれを飲むと、アルコールが血流に入り、胎盤を通過する可能性があるため、子宮内の胎児も「飲む」ことができます。

アルコールは実際には肝臓で分解されます。しかし、胎児の肝臓はまだ発達段階にあるため、アルコールを分解する器官の能力は完全ではありません。

その結果、胎児の血流に含まれるアルコールのレベルが高くなり、子宮内での成長と発達に影響を与える可能性があります。

妊娠初期に飲酒することの危険性

妊娠中の女性が妊娠初期に飲酒すると、体の臓器、顔、手足の形成過程が乱れる可能性があります。そうすれば、赤ちゃんが先天性欠損症になるリスクが高くなります。その他のリスクは、流産、早産、低出生体重児です。

妊娠後期に飲酒することの危険性

妊娠後期に飲酒することの危険性を過小評価することはできません。少量でも、アルコール摂取は後期の流産のリスクを最大70%増加させる可能性があります。

妊娠中に飲酒するその他の危険性

妊娠中に特に過剰な量のアルコールを飲むと、胎児がアルコール症候群を発症する可能性があります(胎児アルコール症候群 またはFAS)。 FASの影響を受けた赤ちゃんは、先天性欠損症、学習障害、成長障害、行動障害に苦しみ、他者との付き合いが困難になる可能性があります。

胎児に悪影響を与えるだけでなく、飲酒は妊婦の健康にも害を及ぼす可能性があります。妊娠中にアルコール飲料を飲む女性は、脱水症、高血圧、栄養不足、妊娠糖尿病のリスクがあります。

妊娠中に飲酒することの危険性を無視してはいけないので、あなたができる最善のことはそれをまったく飲まないことです。実際、妊娠中の女性は、妊娠前または妊娠プログラムを受けてから、アルコール飲料の摂取をやめることをお勧めします。

妊娠中の女性が妊娠していることに気づかずにすでに飲酒している場合は、すぐに飲酒をやめてください。妊娠中の女性が飲酒をやめるのが早ければ早いほど、胎児の発育は良くなります。妊娠中に飲酒する危険性が胎児に害を及ぼさないようにするために、産婦人科医に確認してください。